THE EPOCH TIMES

米原油先物上昇、カナダからの供給減で 北海ブレントは軟調

2018年02月20日 18時25分

[シンガポール 20日 ロイター] - アジア時間の原油先物は、まちまちとなっている。米原油先物は、カナダからの供給減少を背景に上昇している。一方、北海ブレント先物は軟調となっている。

0153GMT(日本時間午前10時53分)時点で米原油先物<CLc1>は0.8%高の1バレル=62.16ドル。

市場関係者は、カナダと米国を結ぶキーストーン・パイプラインの稼働率が原油漏れ事故で昨年末から低下し、供給が減少していることが要因だと指摘。

一方、ブレント先物<LCOc1>は、アジア各国の株式市場の下げやドル高により軟調、0.7%安の1バレル=65.23ドルとなっている。

^