ニューストップ 中国
中国臓器問題

奈良で『人狩り』上映会 奈良市議「地方から声を上げていきたい」

2018年02月20日 17時22分
2月12日、奈良市の『人狩り』上映会。議員や医療関係者など50人以上が参加(和田/大紀元)

奈良市で中国の違法な臓器移植の実態を暴いたドキュメンタリー映画『人狩り(Human Harvest)』の上映会が、2月12日奈良県文化会館で行われた。同映画の奈良県での上映は今回が初めてで、国会議員、県議会・市議会議員のほか、医師、看護師、大学教授、人権団体関係者など、さまざまな業種の50人以上の観客が訪れ、関心の高さがうかがわれた。

合わせて読みたい:特集=中国の臓器狩り

映画鑑賞後、多くの観客が隣国・中国で国家ビジネスとして「臓器狩り」が行われている事実を知ってショックを受けたようで、人権団体関係者はインタビューに対してどのように表現したらいいか戸惑っている様子であった。

奈良での上映会開催に当たって告知等にも積極的に支援してきた奈良市議会の植村佳史(よしふみ)議員は、今回の映画を機に、法輪功に対する人権侵害についてもっと勉強し、まずは地域の方々に知ってもらいたいとした上で、「台湾や欧州で(移植ツーリズムに関して)法的な改正が行われているとのことで、私どもも地方から声を上げていく必要があると感じている」と語った。

「地方から声を上げていきたい」と話す奈良市議会議員・植村佳史氏(和田/大紀元)

香港と台北へ旅行に行った際に法輪功の迫害のことを知ったという看護師の女性は、「この映画を見て、自分でも何かしたいという気持ちが強くなった。まずは、同僚の看護師や医師にこの事実を伝えたい」と力強く話した。

同上映会を主催した「移植ツーリズムを考える会」関西代表の大西氏は、これを機に奈良のさらに多くの人々にこの事実を知ってもらえるよう、いろいろな形で活動を続けていきたいと話している。

(文・李華)

関連特集

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

英人気アニメ「ペッパピッグ」が不良分子?中国のネットから削除
焦点:北朝鮮が破棄約束した核実験場、すでに「使用不能」か
超監視社会の中国、親の信用度で子供は入学できず
中国、南沙諸島に対艦巡航ミサイルなど初配備=CNBC
「板門店宣言」完全な非核化と終戦宣言は実現されるのか
米国が南シナ海軍事化巡り中国に警鐘、「相応の結果伴う」
日本伝統の都・京都で中国伝統文化の花が咲く 「涙溢れ出る」
彼女が残した言葉
オードリー・ヘプバーンが本当に美しいワケ
ホームレスに扮した牧師 彼が試したのは…?