THE EPOCH TIMES

米知日派議員「中国共産党は世界にとって大きな脅威」=米VOA

2018年02月22日 16時02分

 中国の人権問題に関して、ローラバッカ―議員は、「全く改善されていない」とし、「民主的な選挙の実施や野党の存在をいまだに許していない」と批判した。

 同議員は、米政府は「私たちは中国人の敵ではない」と共産党の圧政に耐えている中国国民を支援しなければならないと主張した。

 ローラバッカ―議員は、中国当局に迫害されている法輪功愛好者のことにも言及した。

 中国当局は、暴力的な革命主張と暴力行為が見当たらない法輪功愛好者に対して不法拘禁を続けている。「われわれが確認した情報では、当局が法輪功愛好者らを殺害し、彼たちの臓器を移植用に売買している。言語道断だ」と、中国当局が主導した臓器狩りを非難した。

 米台関係

 ローラバッカ―議員は長い間、米国と台湾の友好関係を支持してきた。議員は、中国大陸と対照的に、台湾では民主主義体制が順調に発展しているとした。

 米が台湾との友好関係を断絶すれば、「(台湾海峡での)戦争を許すことになる」とみている。ローラバッカ―議員は、中国の軍事的脅威に対抗するには、米政府が今後も台湾に武器を提供するとの見方を示した。

 また、中国当局の対台武力行使の可能性について、「すぐには低いが、将来50年以内には可能性が高い」とした。

 前オバマ政権と現トランプ政権の違い

 ローラバッカ―議員は、前オバマ政権下で、米国は国際社会において大きな指導力を発揮できなかったとした。「外交面において、(北朝鮮などの)一部の国と交渉を行う際、毅然とした姿勢を示せなかった。以前のクリントン政権もそうだった。クリントン大統領の時、米は、北朝鮮が核武器を開発しないとの約束の代わりに、北に40億ドルの資金を提供した。しかし、周知のように北朝鮮がミサイル・核武器を保有し米国の安全保障を脅かそうとしている。これは『弱い大統領』が招いた結果だ」

 議員は、トランプ大統領はこれまでの大統領と違って対外に毅然とした姿勢を示してきたと称賛した。昨年から続いた対北制裁が功を奏したと分析。北朝鮮が慌てて平昌オリンピックに参加したことが、国内の厳しい経済状況を浮き彫りにした。「これはトランプ大統領のおかげだ」

 ローラバッカ―議員は80年代、レーガン元大統領のスピーチライダーを務め、当時レーガン政権の政策を熟知していた。

 議員によると、レーガン元大統領が国内高い経済成長を実現するのに約2~3年間かかった。しかし、トランプ大統領は「アメリカ・ファースト」を掲げ、政権発足してからわずか1年に、米経済が好調を見せている。

 さらに、議員はトランプ大統領が前大統領と最も違うところは、直接に他の国の指導者と会談し交渉することにある、と指摘した。

 これまでの大統領は、国連などの国際組織に頼って、世界情勢の流れを変えようとした。トランプ大統領は、米国の利益を損なわせる当事国に対して直談判を挑んでいるという。

 ローラバッカ―議員はインタビューの最後に、米中の国民は交流と理解を通じてより関係を強化することを望むと述べた。

 同議員は「中国国民の多くは圧政の中で大変な生活を送っている。中国国民に知ってほしいのは、私を含めて多くの米国人が中国国民と同様に、中国共産党政権を嫌っていることだ。この政権は世界平和にとって大きな脅威である。だから、われわれは中国国民の友人であり盟友であることも知ってほしい」と締めくくった。

(翻訳編集・張哲)

関連キーワード
^