THE EPOCH TIMES

「旧正月」と「春節」、どちらが正しい?

2018年02月23日 13時26分

 2月の旧正月期間中、訪日する中国人観光客の増加で、「旧正月」「春節」などの言葉に触れる機会が多くなる。この二つの言葉にどのような違いがあるのか。中国国内でその違いをめぐって論争が起きている。

 世界のファッション界で活躍する中国湖南省出身のスーパーモデル、劉雯氏(30)は旧暦新年を祝うため、交流サイト(SNS)インスタグラムを通じて、各国のファンに対して英語で「Happy Lunar New Year」(旧正月おめでとうございます)を投稿した。これに対して、中国国内インターネット上で賛否を巻き起こした。

「Lunar」とは中国伝統の歴である太陰太陽暦を指し、または黄暦・皇暦、旧暦とも呼ばれている。「Lunar New Year」を中国語に訳すると「黄暦新年」になり、旧正月を指す。ベトナムや韓国などアジア多くの国では、過去中国伝統の暦が使われていたため、「Lunar New Year」はベトナム人や韓国人にもなじみがある。

 一方、一部のネットユーザーは、劉雯氏が2年前に英語で「Happy Chinese New Year」を使っていたのに対して、「なぜ今年『Lunar New Year』を使ったのか」「ベトナム人と韓国人の歓心を買うためなのか」「中国人であることを忘れたのか」と集中砲火を浴びせた。

 劉氏を支持する意見のユーザーは、「Chinese New Year」を中国語に訳せば「農暦新年」「春節」となるから、「Lunar New Year」と同じく旧正月を意味すると反対意見を一蹴した。

 批判を受けた劉雯氏はその後、投稿内容を「Happy Chinese New Year」に変更した。

 中国メディアは、米政府が移民に向けての旧正月挨拶で、これまでの「Happy Chinese New Year」から「Happy Lunar New Year」に変えたことが、今回の騒動につながったと指摘した。近年、米国などの英語圏に移住する韓国人やベトナム人が増えている。

 劉雯氏は2017年、米フォーブス誌の「世界で最も稼ぐモデル」ランキングで、年収650万ドルで8位にランクインした。同氏のSNS「新浪微博」のアカウントには約2000万人以上、インスタグラムでは370万人のフォロワーがいる。

「農暦新年」・「春節」の呼び方の始まり

関連キーワード
^