THE EPOCH TIMES

米原油先物が4日続伸、3週間ぶりの高値水準

2018年02月27日 14時24分

[東京 27日 ロイター] - アジア時間序盤の原油先物相場で米WTIが4営業日続伸し、前日付けた3週間ぶり高値付近に上昇した。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産が順調であると示唆されたことや、米原油生産が小幅減となったことが背景。

0020GMT(日本時間午前9時20分)時点で、米WTI原油先物<CLc1>は0.10ドル高の1バレル=64.01ドル。前日は今月6日以来の高値となる64.24ドルを付けた。

北海ブレント先物<LCOc1>はまだ取引が始まっていない。前日の米時間は0.19ドル高の67.50ドルで引けた。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は24日、最近の原油生産について、OPEC加盟国などの協調原産を受けて合意された上限を大きく下回っていると述べた。

^