ニューストップ 国際

独SPD投票者、半数強が大連立を支持=世論調査

2018年03月01日 15時39分
 2月28日、公表された世論調査によると、ドイツの社会民主党(SPD)に票を投じた有権者のうち、半数強がメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との「大連立政権」の継続を支持した。写真はCDUの党大会で党幹部と話す同首相(中央)。2月に撮影(2018年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 28日 ロイター] - 28日に公表された世論調査によると、ドイツの社会民主党(SPD)に票を投じた有権者のうち、半数強がメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との「大連立政権」の継続を支持した。

SPDの党員46万4000人は大連立合意に関する郵便投票を実施中。投票結果は4日に公表される。

調査会社ユーガブが独メディアグループRNDのために行った世論調査によると、SPD支持者(もしくは投票者)のうち「大連立政権」の継続に賛成した割合は56%だった。

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

中国、保険大手・安邦を公的管理 「紅いファミリー」への締め付けか
従軍慰安婦問題、日本は解決したと宣言する立場にない=韓国大統領
中国の国家主席任期撤廃案、「習氏によるクーデター」=専門家
トランプ米大統領最側近、ヒックス広報部長辞任へ=ホワイトハウス
一帯一路
中国色が濃くなる「インドの裏庭」手をこまねくニューデリー
モルディブ、北朝鮮関連船の違法な瀬取り巡り日本の主張を否定
伝説の仙人
呂洞賓が受けた10回の試練
【動画】日本の情報収集衛星・光学6号機を搭載したロケット、打ち上げ成功 
春を見つけた娘