ニューストップ 国際

米大統領、独仏首脳とロ核兵器に対する「深刻な懸念」共有 電話会談

2018年03月03日 10時50分

[ワシントン 2日 ロイター] - トランプ米大統領はフランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相とそれぞれ個別に電話会談を行い、ロシアのプーチン大統領の核兵器を巡る発言に「深刻な懸念」を共有していることを確認した。米ホワイトハウスが2日、明らかにした。

ホワイトハウスはこのほか、トランプ大統領が両首脳とシリア内戦についても意見を交換し、シリア政府、イラン、およびロシアは即時停戦を実施する必要があるとの見解で一致したことも明らかにした。

ロシアのプーチン大統領は1日に行った演説で一連の新型核兵器を公表している。

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

英人気アニメ「ペッパピッグ」が不良分子?中国のネットから削除
焦点:北朝鮮が破棄約束した核実験場、すでに「使用不能」か
超監視社会の中国、親の信用度で子供は入学できず
中国、南沙諸島に対艦巡航ミサイルなど初配備=CNBC
「板門店宣言」完全な非核化と終戦宣言は実現されるのか
米国が南シナ海軍事化巡り中国に警鐘、「相応の結果伴う」
日本伝統の都・京都で中国伝統文化の花が咲く 「涙溢れ出る」
彼女が残した言葉
オードリー・ヘプバーンが本当に美しいワケ
ホームレスに扮した牧師 彼が試したのは…?