THE EPOCH TIMES

北朝鮮の対話意向、米情報当局トップが警戒感示す

2018年03月07日 09時01分

[ワシントン 6日 ロイター] - 北朝鮮が非核化を巡り、米国と対話する意思を表明したとされる件で、コーツ米国家情報長官は6日、真意を評価する前にかなり踏み込んだ状況把握が必要になるとの認識を示した。

世界中の脅威に関する上院軍事委員会公聴会で語った。同氏は「希望は永遠に湧き出るが、こうした協議に関して一段の情報把握が必要で、把握に努める」と述べた。

国防情報局のアシュリー長官は、議員の質問に「現時点で楽観的な見方を共有できない」と答え、状況の進展を見守る考えを示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

^