THE EPOCH TIMES

韓国特使団が8日訪米、金正恩氏のメッセージ伝達へ=韓国当局者

2018年03月07日 14時05分

[ソウル/ワシントン 7日 ロイター] - 韓国政府の当局者は7日、同国の特使として北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長と面会した2人の高官が、8日に米国に向けて出発することを明らかにした。会談結果をトランプ政権に説明することが目的。

この当局者は記者団に、訪米の詳しい日程やトランプ大統領と会談するかどうかはまだ決定していないと述べた。

訪米するのは鄭義溶・大統領府国家安全保障室長と情報機関・国家情報院(国情院)の徐薫院長。鄭氏は6日、北朝鮮から米政府に伝言があると述べていた。

米国務省のナウアート報道官は6日のブリーフィングで、米国と韓国は、北朝鮮と非核化に向けた協議を行う可能性について話し合うため週内の会合を検討していると明らかにした。

「韓国、そして北朝鮮との会合については、まだ詳しく説明できる状況ではない」と述べ、韓国特使の訪米を待つとした。

鄭氏は訪米後、中国とロシアを訪問し、徐国家情報院長は日本を訪れる予定で、金正恩氏らとの面会内容について説明する見通し。

^