THE EPOCH TIMES

米朝会談を楽観、北朝鮮の非核化に向け圧力継続=米補佐官

2018年03月13日 10時38分

[ニューヨーク 12日 ロイター] - マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は12日、米政府は、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談を楽観視しているが、北朝鮮の非核化に向け引き続き圧力をかける構えだと述べた。

マクマスター氏は、北朝鮮情勢に関する国連安全保障理事会の会合後、記者団に対して「朝鮮半島の完全な非核化の実現に向け、外交的解決策を追求することが可能だろう。われわれはそれを追求する」と説明した。

その上で「われわれは今回の首脳会談の機会を楽観視している。ただ、(北朝鮮が)言動を一致させ、非核化に向け実質的な進展が確認できるまで、最大限の圧力をかけ続ける」と強調した。

^