THE EPOCH TIMES

情報BOX:米朝首脳会談の開催地候補

2018年03月13日 21時00分

[ソウル 13日 ロイター] - トランプ米大統領は先週、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長と会談する意向を表明した。北朝鮮国営メディアは今のところ、金委員長がトランプ大統領に首脳会談を提案したとするニュースを伝えていないほか、韓国と米国の当局者も首脳会談の開催場所・時期については決まっていないとしている。

史上初の米朝首脳会談の開催場所を巡っては憶測が飛び交っている。候補に挙がっている開催地は以下の通り。

<板門店の共同警備区域>

最も可能性が高いとみられている場所の一つが、南北軍事境界線をまたぐ板門店の共同警備区域(JSA)だ。韓国の大統領府筋も「真剣な選択肢」としている。

一部では共同警備区域は朝鮮戦争、および緊張が続いていることのシンボルだとして米朝首脳会談の場に似つかわしくないとの見方もある。

しかし、両首脳それぞれの警備部隊からそれほど離れることなく、4月の南北首脳会談も共同警備区域で開催されることから韓国当局者にとっては最有力となっており、同筋は「分裂のシンボルを平和のシンボルに転換するという重要な意義がある」としている。

<韓国・済州島>

韓国内で他に候補として挙がっているのが済州島。朝鮮半島から船でも飛行機でも簡単にアクセスできるためだ。

金委員長の父親である故・金正日総書記は飛行機嫌いで知られるが、委員長自身は飛行機から降りる姿が映された写真が公表されている。

<欧州>

^