THE EPOCH TIMES

旧ソ連製「神経剤」、崩壊後の混乱で流出した可能性

2018年03月24日 15時00分

[モスクワ/アムステルダム 14日 ロイター] - 元スパイのセルゲイ・スクリパリ氏を今月、神経剤で毒殺しようとしたのはロシアだと英国政府が発表。化学兵器専門家の大半もこの主張に賛同するが、別の説明も排除できないとの声も上がっている。

それはつまり、ロシア国家のために動いているわけではない人々が問題の神経剤を入手していた、という可能性だ。

ソ連の化学兵器開発計画は、冷戦終結後に大きな混乱に陥り、当時この計画に関与していた人々によれば、一部の有毒物質やノウハウが犯罪者の手に渡った可能性があるという。

「誰かが密かに持ち出すことができただろうか」と生物・化学兵器の専門家エイミー・スミスソン氏は問う。「その可能性はもちろん否定できない。少量であれば、そして1990年代初頭のロシア化学兵器関連施設のセキュリティの甘さを考えれば、なおさらだ」

神経剤は時間の経過とともに劣化するが、1990年代初頭に神経剤の材料となる成分を密かに持ち出し、適切な条件の下で保管したものを最近調合したのであれば、小規模攻撃において、今なお致死性を発揮できる、と2人の化学兵器専門家がロイターに語った。

66歳のスクリパリ氏と娘のユリアさん(33)は、4日、ソールズベリー市内のベンチで意識を失っている状態で発見され、現在も重体で入院中だ。警官1人も毒物の影響を受け、なお重症だという。

メイ英首相は14日、「スクリパリ父娘の殺害未遂について、また他の英国市民の生命を脅かしたことに関して、ロシア国家が関与していると結論せざるを得ない」と述べた。

ロシアは神経剤による攻撃への関与を一切否定している。

<受話器に毒物>

化学兵器関連施設の保全不備報告によれば、少なくとも1990年代、ロシア政府は化学兵器の備蓄やその警備員らをしっかり管理していなかったことが明らかだ。

ロシア銀行界の大物イワン・キベリディ氏とその秘書が1995年に臓器不全により死亡し、モスクワにある同氏のオフィスで使われていた電話の受話器から軍用の毒物が発見された際には、国営化学研究所の職員1人が、密かに毒物を提供したと告白した。

非公開裁判において、キベリディ氏の事業協力者が意見対立を理由に同氏を毒殺したとの容疑で有罪判決を受けた。裁判で検察官は、この事業協力者は複数の仲介者を介して、国営化学研究所「GosNIIOKhT」の職員レオナルド・リンクから毒物を入手したと述べている。

旧ソ連時代に化学兵器開発を担当した科学者で、その後内部告発者に転じたビル・ミルザヤノフ氏によれば、同研究所は国家的な化学兵器プログラムの一翼を担っており、今回スクリパリ氏に対して用いられたと英国が主張する神経剤「ノビチョク」の開発に貢献したという。

1995年の事件に関連してリンク容疑者が逮捕後に捜査官に提出した供述書をロイターが閲覧したところ、同容疑者は化学兵器プログラムの一環として生み出された毒物を保有しており、自宅のガレージに保管していたという。生計の足しとして、また借金返済のために、一度ならず毒物を売り渡していた、とリンク容疑者は述べている。

キベリディ氏殺害事件で用いられた毒物は、リンク容疑者の知人である元警察官の仲介で売却された。この毒物を、ペン箱の中に隠したアンプルに入れた、モスクワのベラルースキー駅で会った相手に渡した、と同容疑者の供述書にはある。

裁判の際、キベリディ氏の事業協力者の弁護士を務めたボリス・クズネツォフ氏によれば、リンク容疑者は「職権乱用」により執行猶予付き禁錮1年の刑を宣告された。

クズネツォフ弁護士は、自分の依頼人が無実であり、キベリディ氏を毒殺したのは、当時のロシア大統領ボリス・エリツィン氏に知らせることなく行動していた悪質な諜報関係者だと主張する。

同弁護士はさらに、この事件に関する資料は、スクリパリ氏暗殺未遂の捜査にも関連する可能性があると思われるため、英国当局に提供すると語った。ロイターでは、リンク容疑者に取材できなかった。

<ソ連崩壊後の混乱>

旧ソ連の化学兵器開発プログラムは、遠く離れた地方都市にまで広がる幅広い事業であり、公称4万トンという世界最大の化学物質を用意していた。

ソ連が消滅したことで、資金が底を突き、科学者たちの給与は数ケ月分も未払いとなった。職員の士気は低下する中で、各施設は政府の統制・監督がほとんど無いまま、生き残りを図らなければならなかった。

安全保障を専門とするワシントンにある調査機関スティムソン・センターが、業界関係者による談話をもとに1995年に発表した報告書によれば、これらの施設の物理的なセキュリティは穴だらけだったという。

同報告書によれば、鉄道駅から化学兵器関連施設への入口は施錠されていたものの警備員はおらず、場合によっては、たいした苦労もなく侵入できるような木製の扉と瓦ぶきの屋根を持つ建物に化学兵器が保管されていることもあった。

化学兵器は、不正開封防止装置のない格納庫に収められ、少量が抜き取られたとしても検知することは困難だった。

4年後にスティムソン・センターが発表した2回目の報告書では、給与が払われていた時代でさえ薄給に甘んじていた旧ソ連の化学兵器担当の科学者が、犯罪組織やテロリスト、あるいは「ならず者国家」に雇われることのリスクを強調していた。

「化学・生物兵器を扱う複合施設を通じて、ヤミ取引が成功する要素はすべて揃っている。それは、失業やポスト不足に悩む科学者や管理者、広範囲に拡散する貴重な物質、そしてセキュリティの甘さだ」と報告書は指摘する。

<旧ソ連の衛星国>

^