THE EPOCH TIMES

あなたの町に着弾したらどうなる? 「核地図」で核攻撃の被害が一目瞭然

2018年04月05日 12時42分

核兵器の攻撃を受けたらどうなるのか。米NPO団体「Outrider Foundation」が核爆弾を任意の地点に落としたときの被害状況を教えるサイトを公開した。

 

利用者が核兵器の攻撃地点を入力し、核兵器の種類と爆発方式(地上か空中か)を選択すれば被害の規模をグラフィックと数値で知ることができる。同サイトでは4種類の核兵器が用意されている。15キロトンの広島型原爆、150キロトン級の北朝鮮の「火星-14」、300キロトン級の米軍W-87、そして5万キロトン級のツァーリ・ボンバだ。

 

また、地上起爆または空中起爆が選択でき、地上の遮蔽(しゃへい)物の影響を受けない後者の場合には被害が格段に増加する。例えば火星-14が東京に着弾した場合、空中起爆は地上起爆と比較して死者と負傷者がともに倍になると計算されている。

 

サイトによれば、火星-14が東京国立博物館に着弾した場合、死者247,301人負傷者617,241人になると予測されている。爆発によって生じた火球は1平方キロメートル、放射線は11.8平方キロメートル、衝撃波は18.6平方キロメートル、そして熱は68.4平方キロメートルの範囲に及ぶとされている。空中爆発した場合にはさらに広範囲にわたって被害が発生するとされている。

 

参考サイト(https://outrider.org/nuclear-weapons/interactive/bomb-blast/)

 

(翻訳編集・文亮)

関連キーワード

関連特集

中国の今を伝える 大紀元時報を「LINE@」で登録する方法
【Mac/PC】スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

【スマホ】下記ボタンをタップ
友だち追加
^