THE EPOCH TIMES

【写真】夜景が最も美しい世界5つの都市

2018年04月05日 21時39分

まるで宝石箱のように輝く幻想的な夜景には、誰もが目を奪われる。

観光資源として日本や世界の3大夜景を認定してきた一般社団法人・夜景観光コンベンション・ビューローが2012年に発表した「世界新三大夜景」には、香港、長崎、モナコが選出された。

団体によると、これまで夜景は函館、ナポリといった港町に限定する傾向にあったが、より夜景観光への取り組みを評価する新基準を設定。同団体が認定した3500人の夜景鑑賞士の評価から、世界のあらゆる夜景を対象に新3都市を選んだ。

リストアップされた香港、長崎、モナコ、函館、ナポリの5都市の美しい夜景の写真を見てみよう。

香港

世界重要金融センターである香港のビクトリア・ピークから見下ろす湾の周りの高層ビルの夜景は「100万ドルの夜景」と称されるほどの美しさ。この夜景をみるため、世界各地から観光客が集まる。

香港ビクトリア・ハーバーの夜景(ANTONY DICKSON/AFP/Getty Images)

香港島(手前)ビクトリア・ハーバー(中)九龍半島(上)(DALE DE LA REY/AFP/Getty Images)

函館

国内絶景夜景スポットランキングで常に上位の函館。ロープウェイで函館山に登り、見下ろした市街は「くびれた夜景」と例えられ、あまりにも有名。地上を流れる天の川のようだ。

函館の夜景(ウィキペディア)

イタリア・ナポリ

ナポリはイタリア南部最大の港町。紀元前6世紀に古代ギリシャ人によって建設されたこの町に、イタリアの歴史、文化、芸術とグルメを網羅し、イタリア有数の観光都市だ。

ナポリの美しい夜景(hijirin/ウィキペディア)

ナポリの美しい夜景(elisaboba/Flickr)

長崎

九州北西部に位置する長崎市は、江戸時代に、中国、オランダ、朝鮮など多くの国と交易した港として栄えた。西洋文化流入の影響で、市内に洋館が多く点在する。

稲佐山から望む長崎市街地(ウィキペディア)

モナコ

フランス東南部にある世界2番目に小さい国。国土面積2.02平方キロメートルのモナコの人口は3万6371人。世界最も人口密度の高い国の1つだ。タックス・ヘイブンとして知られるモナコには、世界の多くの億万長者が移住している。

モナコ湾の夜景(Photo credit should read VALERY HACHE/AFP/Getty Images)

モナコ湾の夜景(Paul Gilam/Getty Images)

(文・張哲)

関連キーワード
^