THE EPOCH TIMES

シリアに関する米とのホットライン、双方が使用中=ロシア大統領府

2018年04月13日 10時17分

[モスクワ 12日 ロイター] - ロシア大統領府のペスコフ報道官は12日、シリア情勢を巡る偶発的な衝突を回避するための米国とのホットラインについて、双方が使用していることを明らかにした。

シリアについては、米国がロシアの中東の同盟国であるシリアを攻撃する可能性を巡り、緊張が高まっている。

報道によると、英国ではメイ首相がシリア情勢を話し合うために12日に臨時閣議を開催する方針。化学兵器使用の疑いが出ているシリアに対する米国などの軍事行動に英国も参加するため、閣僚らの承認を求める見通しだ。

シリアへの攻撃が実施されれば、欧米の軍とロシア軍が直接対峙するリスクもある。

ペスコフ報道官は、米国の攻撃があった場合にロシア軍に被害が及ぶ可能性を避けるため、ロシア軍と米軍の間に設置されているいわゆる衝突回避ホットラインが使われているかとの記者団の質問に、「ラインは使われており、アクティブだ。双方が使用している」と答えた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧下さい)

中国の今を伝える 大紀元時報を「LINE@」で登録する方法
【Mac/PC】スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

【スマホ】下記ボタンをタップ
友だち追加
^