THE EPOCH TIMES

南北朝鮮の平和的な共存望む=米大統領

2018年04月28日 10時12分

[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、朝鮮半島の非核化に向け北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と近く会談すると述べ、南北朝鮮が平和的に共存する日が来るのを望むとの立場を示した。

北朝鮮の金委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、軍事境界線にある板門店で会談し、「朝鮮半島の完全な非核化」を共通目標として取り組んでいくことを確認する共同宣言に署名。朝鮮戦争の終結と朝鮮半島の「恒久的」かつ「確かな」平和の確立に向けた合意に向け、年内に米国や中国とともに取り組む意向を表明した。

トランプ大統領はこれを受け、南北朝鮮が「いつの日か協調、繁栄、平和のなかで共存できることを望んでいる」とし、「これは実現可能にみえる」と述べた。

そのうえで「当初は誰もが不可能だと言っていた。好きにさせるか、戦争を始めるかの二者択一だと言われていたが、現在は誰も可能だと思わなかった格段に良い選択肢がある」と述べた。

中国の今を伝える 大紀元時報を「LINE@」で登録する方法
【Mac/PC】スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

【スマホ】下記ボタンをタップ
友だち追加
^