ニューストップ 国際

中国、南沙諸島に対艦巡航ミサイルなど初配備=CNBC

2018年05月04日 15時41分

[ワシントン 2日 ロイター] - 中国が南シナ海に浮かぶ3つの島に対艦巡航ミサイルと地対空ミサイルシステムを配備したもようだ。米CNBCが2日、米情報機関の関係筋の話として報じた。

確認されれば、同海域南方のスプラトリー(中国名・南沙)諸島において中国が配備した初のミサイルとなる。南シナ海を巡っては中国のほか、ベトナム、台湾などが領有権を主張している。

中国はミサイル配備に言及していないが、スプラトリー諸島の軍事施設は純粋に防衛目的だと述べていた。

同国国防省はこの報道に対するコメントを出していない。

CNBCは、これらのミサイルが最近30日の間にファイアリー・クロス礁、スビ礁、ミスチーフ礁に配備されたとの米国の情報分析を報じた。米国防総省はコメントを控えた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

英人気アニメ「ペッパピッグ」が不良分子?中国のネットから削除
焦点:北朝鮮が破棄約束した核実験場、すでに「使用不能」か
超監視社会の中国、親の信用度で子供は入学できず
米国が南シナ海軍事化巡り中国に警鐘、「相応の結果伴う」
「板門店宣言」完全な非核化と終戦宣言は実現されるのか
金正恩氏「非核化に尽力」、北朝鮮訪問中の王毅中国外相に
日本伝統の都・京都で中国伝統文化の花が咲く 「涙溢れ出る」
彼女が残した言葉
オードリー・ヘプバーンが本当に美しいワケ
ホームレスに扮した牧師 彼が試したのは…?