THE EPOCH TIMES

柳瀬元首相秘書官、加計学園関係者と3回面談 首相指示を否定

2018年05月10日 13時25分

[東京 10日 ロイター] - 衆院予算委員会は10日午前、加計学園獣医学部新設を巡り元首相秘書官の柳瀬唯夫・経済産業審議官を参考人招致した。柳瀬氏は2015年前半に首相官邸で加計学園関係者と3回面談したことを明らかにしたが、安倍晋三首相には報告しておらず、指示もなかったと語った。同学園を特別扱いしたことはなく、獣医学部新設を「首相案件」と呼んだことはないと否定した。

柳瀬氏は冒頭「私の答弁がきっかけで国会審議に迷惑をかけ申し訳ない」と陳謝した。

加計学園関係者とは首相官邸で2015年2─3月頃、4月2日、6月前後の3回にわたって面談し、2013年5月には安倍首相の別荘で行われたバーベキューやゴルフにおいて、同学園の加計孝太郎理事長と会っていたことを認めた。

官邸での4月の面談では、同学園の事務局側から「国家戦略特区を活用したいとの話があった」と発言。その面談では面会者が「10人近くの大勢だったため、今でも愛媛県や今治市の方が同席していたか分からない」と述べた。柳瀬氏はこれまで愛媛県や今治市職員との面会は「記憶にない」としており、これを修正した格好だ。

ただ、同学園関係者との面談について「事前、事後に首相に報告していない」と説明した。

加計理事長が安倍首相の友人であることについては「認識していた」が、「加計学園を特別扱いしたことはない」とした。

愛媛県の文書によると、柳瀬氏が加計学園による申請を「首相案件」と呼んでいたと記載されているが、柳瀬氏は官邸での会議の場で「安倍総理が獣医学部の解禁を早急に検討したいと発言した趣旨は伝えた」と説明する一方、「自分は首相という言葉は使わないので違和感がある」と述べ、愛媛県の文書内容を否定した。

*内容を追加しました。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^