ニューストップ 国際

米下院委、対米投資審査厳格化法案の修正案を近く採決へ=関係筋

2018年05月19日 09時13分

[ワシントン 17日 ロイター] - 関係筋によると、米下院金融委員会は、海外勢による対米投資の審査を厳格化する法案の修正案について、間もなく採決を実施する見通しだ。

海外勢の対米投資を安全保障の観点から審査する対米外国投資委員会(CFIUS)の権限を拡大する法案は、昨年11月に提出され、上下両院で超党派の幅広い支持を得ている。その後、問題のない案件の審査が長引きかねないと懸念の声が上がったため、修正案が提示された。

上院銀行委は5月22日に修正案の採決を行う予定。関係筋によると、下院金融委も近く採決にかけることを望んでいるが、日程は未定。

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

金正恩氏、態度急変 米朝首脳会談はあるか
タイ軍事政権、タクシン派議員を告訴 政治活動禁止措置に違反
5000人来島の大型クルーズ船誘致
世界遺産登録の見送り、奄美住民「よかった」多すぎる観光客に懸念
メルケル独首相、24─25日に訪中 習主席らと会談
ラッキー! 日本の漫画家が残した「感謝の絵」、台湾で話題
イラン巡る新たな仕組み、同盟国と取り組む機会=米高官
共産主義の親
親友はみんなサタニスト マルクス悪魔への道(下)
唐太宗、中国書道文化の功臣? 
子供のキリスト像 80年後に元の場所へ