ニューストップ 日本

ラッキー! 日本の漫画家が残した「感謝の絵」、台湾で話題

2018年05月18日 15時34分
素晴らしい絵に台湾のネットユーザーから歓喜の声が湧いた(Facebook/爆廢公社)

漫画家の颯田直斗(さったなおと)さんが、台湾の旅館に残した「感謝の絵」が台湾で話題になっている。

旅館の従業員がFacebookに投稿した文章によると、13日に「普通」の日本人が友人と宿泊していた。二日後にチェックアウトした部屋を片付けに行ったら、絵が置いてあったことに気づいたという。絵には楽しそうに食事を頬張る女性二人が描かれている。中国語で「台灣飯好吃!!」(台湾のご飯がおいしい!!)と書かれたほか、「桃園、中壢、竹南、瑞芳、宜蘭、淡水」など観光した場所も記された。絵の右下に「颯田直斗」とのサインがあった。

従業員はこの名前をネットで検索してみたら、なんと日本の有名な漫画家だと分かった。感動した従業員はFacebookでその絵とともに、「台湾を好きになってくれてありがとうございます。漫画に詳しくないが、宿泊先として選んでいただいて、そして素晴らしい絵を残してくれてありがとうございます」と感謝の言葉を投稿した。

ネットユーザーから「ラッキーだね」「店頭に飾ったほうがいい」「スキャンしてデータを保存して、原本を額縁に入れて飾ったらいい」などの声が寄せられた。

颯田直斗さんは巫女(ふじょ・神に仕える未婚の女性)を題材にする作品を得意とする漫画家である。

(翻訳編集・李沐恩)

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

中国ネット中毒治療所
毎日ネット6時間以上は「精神病」?スタンガン利用で刑務所さながら荒治療
米朝首脳会談は実現するか、失敗の歴史を振り返る
金正恩氏、態度急変 米朝首脳会談はあるか
トランプ米大統領、FBIの選挙陣営侵入ほのめかす
5000人来島の大型クルーズ船誘致
世界遺産登録の見送り、奄美住民「よかった」多すぎる観光客に懸念
米下院委、対米投資審査厳格化法案の修正案を近く採決へ=関係筋
共産主義の親
親友はみんなサタニスト マルクス悪魔への道(下)
唐太宗、中国書道文化の功臣? 
子供のキリスト像 80年後に元の場所へ