THE EPOCH TIMES
メンツが大事?

通商交渉に温度差 米「満足していない」中国「ウィンウィン」

2018年05月23日 11時16分

米中通商問題の2回目となる交渉は17日〜18日に米国で行われた。19日に発表された共同声明では、米中双方は対米貿易黒字を「相当削減する」で意見一致した。しかし、対米貿易黒字削減や中国側の米製品購入増についての具体的な数値は示されていない。今回の交渉結果の解釈について、米中に大きな温度差がみられた。

ホワイトハウスが発表した共同声明では、中国側が「米製品やサービスの購入を大幅に増やす」「米中双方が、米国産農産品とエネルギーの輸出拡大で意見一致した」「知的財産権の保護を強化する」「米中双方は、両国間の相互投資を奨励し、公平な競争・経営環境の創造に勤める」「ハイレベルの意思疎通を継続することで、米中が意見一致した」などと明記された。

この声明内容について、トランプ米政権で首席経済顧問を務めるクドロー国家経済会議(NEC)委員長は20日、米メディアに対し、対米貿易赤字削減において「(中国が)われわれの要求に応じてくれた」としながらも、「折り合いがつかなかった」「同声明は、米中間の1つのコミュニケに過ぎない」と厳しい姿勢を崩さなかった。ライトハイザー通商代表部(USTR)代表も同様に、中国製品への追加関税措置は「依然として、米国の技術を守る重要な手段として残っている」と、21日の声明で述べた。

しかし、中国国営メディアは今回の交渉成果を評価し、「米中双方が交渉で勝利した」「貿易戦を回避できた」と強調した。また、中国代表団を率いる劉鶴・副首相の「米中は貿易戦を行わないことと、互いに追加関税を課さないことで合意した」という発言を紹介した。国内メディアは、中国側が大きな譲歩をしなかったと印象付けようとした。

一方、ムニューシン米財務長官は20日、中国が米製品の購入拡大と関税引き下げを実施する期間中、中国製品への追加関税措置について「保留する」考えを示した。しかし、長官は、中国側が米製品輸入増の公約を履行しない場合、米政府はいつでも追加税措置の発動に踏み切ると念押しした。長官は米FOXニュースに出演した際に述べた。

専門家「中国の負け」

関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^