THE EPOCH TIMES

米国務長官、北朝鮮との交渉再開に期待

2018年05月25日 16時21分

[ワシントン 24日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は24日、北朝鮮と核開発プログラムの放棄を巡る交渉再開に期待感を表明した。最終的な決定は、金正恩朝鮮労働党委員長次第との認識も示した。

トランプ大統領が米朝首脳会談中止を通告後、初めて上院委員会で発言した。

証言の冒頭、失望を誘う展開だが「率直に言って驚きではなかった」と述べた。トランプ氏が前日の会議で首脳会談を開いても成功しないと結論付けた後に中止を決めたと説明した。

協議では北朝鮮を巡る取り組みの進め方なども話題になったといい、「政権内で進め方を巡り議論を重ねてきた」「成果を出せない首脳会談はやはり失敗に終わる可能性を常に認識してきた」と話した。

対北制裁を維持する方針を示し、「ある意味では『通常の状態』だ。圧力作戦は続く」と明言した。

同長官はこのほか、米朝首脳会談の準備に関する米国側からの問い合わせに対し、北朝鮮がここ数日は応答していなかったことを明らかにした。

同長官は上院の公聴会で「首脳会談の成功に向け両国のチームが進める必要な準備が滞っていた」と述べた。

また、北朝鮮のこのところの言動について遺憾を表明。ただ米朝首脳会談の中止は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「弱いリーダー」であることを示唆するものではないとの認識を示した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^