THE EPOCH TIMES

米軍艦2隻、南シナ海で「航行の自由」作戦実施 中国は反発

2018年05月28日 15時35分

[ワシントン 27日 ロイター] - 米海軍は27日、中国が領有権を主張する南シナ海の西沙(パラセル)諸島周辺で、軍艦2隻を航行させ「航行の自由」作戦を実施した。米当局者2人がロイターに明らかにした。

当局者2人によると、ミサイル駆逐艦「ヒギンズ」とミサイル巡洋艦「アンティータム」がパラセル諸島の12カイリ内を航行した。

当局者の1人は、軍艦はパラセル諸島のツリー、リンカーン、中建(トリトン)、永興(ウッディー)の各島の近くを航行したと述べた。

同作戦は数カ月前から予定されており、同様の作戦は定期的に行われている。しかし米中間で貿易を巡る対立が広がり、また米朝首脳会談に関連し米中間の緊張が高まる中、作戦は微妙な時期に行われたことになる。数日前には米国防総省は中国による南シナ海の軍事拠点化を理由に、米海軍が主催する合同軍事演習への招待を撤回していた。

米軍当局は27日の作戦について直接コメントはしなかったが、米太平洋艦隊は発表文で「過去に実施してきたように『航行の自由』作戦は定期的に行っており、今後も継続する」と説明した。

中国国防省は米軍の作戦実施に反発。米軍艦が許可なく侵入したとし、同海域を離れるよう警告するため軍艦と航空機を派遣したと発表した。「中国の法律と国際法に違反し、中国の主権を侵害し、両国の軍の戦略的な信頼関係を損ねた」と批判した。

また中国外務省は米国に対しこうした行為を控えるよう要請した。「中国は国家の主権と安全を守るため、必要なあらゆる措置を引き続き取っていく」とした。

 

 5月27日、米海軍は、中国が領有権を主張する南シナ海の西沙(パラセル)諸島周辺で、軍艦2隻を航行させ「航行の自由」作戦を実施した。写真はミサイル駆逐艦ヒギンズ。イスラエルのハイファで2009年9月撮影(2018年 ロイター/Baz Ratner)

 

 

 5月27日、米海軍は、中国が領有権を主張する南シナ海の西沙(パラセル)諸島周辺で、軍艦2隻を航行させ「航行の自由」作戦を実施した。写真はミサイル駆逐艦ヒギンズ。イスラエルのハイファで2009年9月撮影(2018年 ロイター/Baz Ratner)

 

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^