THE EPOCH TIMES

米国、南シナ海で「航行の自由」作戦継続へ=マティス国防長官

2018年05月30日 13時09分

[米軍用機 29日 ロイター] - マティス米国防長官は29日、中国が軍事拠点化を進める南シナ海で引き続き「航行の自由」作戦を展開する姿勢を示した。

米海軍は27日、中国が領有権を主張する南シナ海の西沙(パラセル)諸島周辺で、軍艦2隻を航行させ「航行の自由」作戦を実施した。中国国防省は米軍の作戦実施に反発。米軍艦が許可なく侵入したとし、同海域を離れるよう警告するため軍艦と航空機を派遣したと発表した。

マティス長官は「航行の自由作戦を積極的に否定し、憤りを示している国があるが、南シナ海は国際水域であり、航行の自由が展開できることを多くの国が望んでいる」と述べ、中国を批判した。

米国は中国による南シナ海の軍事拠点化を理由に、米海軍主催の合同軍事演習への招待を取り消したばかり。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^