THE EPOCH TIMES

米朝首脳会談、12日にシンガポールで開催=トランプ氏

2018年06月02日 12時33分

[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、いったんは中止を決めた米朝首脳会談を当初の予定通り12日にシンガポールで開催すると表明した。

トランプ大統領はこの日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の親書を届けるためホワイトハウスを訪れた同党の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長と会談した。

会談後、トランプ大統領は記者団に対し「良好な」会合だったとし、「素晴らしいスタートになる」と語った。その上で「最終的にうまく行くプロセスになるだろう」と述べた。

金正恩氏の親書については、当初「素晴らしい書簡だ。とても興味深い」とコメントしたが、その後、まだ開封していないことを明らかにした。

また、金正恩氏が非核化にコミットしていると確信しているとしたほか、同氏と良好な関係を保っていることから、今後「最大限の圧力」という表現は使いたくないと語った。

北朝鮮の非核化実現には複数回の首脳会談が必要になる可能性があるとし、北朝鮮側にも「時間をかけて良いと伝えた」とし、これまでの強硬な姿勢を和らげている様子もにじませた。

金英哲氏との会談では、制裁に関する質問が出たとし、制裁を解除できる日を心待ちにしていると述べたほか、朝鮮戦争終結について話し合ったと明かした。

また、人権問題については協議しなかったと話した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^