THE EPOCH TIMES

EU、7月に米国からの輸入品への追加関税適用開始

2018年06月07日 11時40分

[ブリュッセル 6日 ロイター] - 欧州委員会は6日、米国からの一部輸入への追加関税について、7月から適用を開始すべきとの姿勢を示した。米政府が欧州連合(EU)の鉄鋼・アルミニウムに輸入関税を適用したことに対する措置。

EUは米国の決定を巡って、違法だとして強く反発。欧州委は、米国からの28億ユーロ(33億ドル)相当の輸入に対して関税をかける計画を打ち出しており、EU加盟国から幅広い支持を得ている。

欧州委のシェフチョビッチ副委員長は会見で「6月末までに関連手続きを終える。新関税は7月から適用を開始できるだろう」と述べた。

EUの新関税措置の対象品目には各種鉄鋼製品のほか、オレンジジュース、バーボン、ジーンズ、オートバイなど多岐にわたる品目が含まれる。

また、世界貿易機関(WTO)が米国の措置について規定違反との判断を下した場合、2021年3月、もしくはこれよりも早い時点で追加的に36億ユーロの米国からの輸入品に10─50%の関税を適用する。

*内容を追加して再送します。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^