THE EPOCH TIMES

トランプ米大統領と金委員長、会談控え10日にシンガポール入り

2018年06月10日 23時07分

[シンガポール 10日 ロイター] - 史上初となる米朝首脳会談を前に、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は10日中に会談の開催地であるシンガポールにそれぞれ到着する見込みだ。

ホワイトハウスによると、カナダで開かれていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)を途中で切り上げたトランプ大統領一行は10日午後8時35分に専用機でシンガポールに到着した後、シャングリラホテルに向かう予定。

大統領専用機にはポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、ケリー大統領首席補佐官、サンダース報道官らが同乗しているという。

トランプ大統領は11日にシンガポールのリー・シェンロン首相と会談する。

韓国の聯合ニュースによると、金委員長の専用機は10日午前に平壌を発ち、シンガポールに向かっているもよう。委員長は同日午後にチャンギ国際空港に到着するとみられている。

9日には平壌からの直行便がシンガポールに到着。シンガポールで会談の準備を進めている金委員長の側近、金昌善(キム・チャンソン)氏が率いる先遣隊に北朝鮮高官が合流したとの見方がある。

10日には北朝鮮の輸送機も平壌からシンガポールに向かった。

*写真を付けて再送します。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^