THE EPOCH TIMES

米朝首脳会談、北朝鮮の政策変更を期待=菅官房長官

2018年06月12日 18時06分

[東京 12日 ロイター] - 菅義偉官房長官は12日午後の会見で、シンガポールで同日に行われた米朝首脳会談を受け、「北朝鮮が国際社会の責任ある一員として政策を変えていくことを期待している」と語った。

今後の米国のトランプ大統領の会見、その後の安倍晋三首相と同大統領との電話会談を控え、現時点での評価は「差し控えたい」とした。

菅長官は米朝首脳会談について「わが国として重大な関心を持って注視していた。トランプ大統領のリーダーシップと尽力に敬意を表したい」と語った。

両首脳が朝鮮半島の完全な非核化を目指すことで合意したとの報道については、「首脳レベルの意思疎通の機会などを通じ、米側からしっかり説明を受けたい」と述べるにとどめた。

日本が注視している拉致問題に関しては「引き続きトランプ大統領、国際社会と連携していくが、わが国自身が北朝鮮と直接協議して解決する、総理が金正恩(キム・ジョンウン)委員長と直接交渉する決意に変わりない」と語った。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^