THE EPOCH TIMES

トランプ大統領、移民問題でドイツ攻撃 受け入れ「大きな間違い」

2018年06月19日 10時32分

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は18日、ドイツをはじめとする欧州が直面する移民問題を槍玉に挙げ、米国も同様の脅威にさらされる恐れがあるとの見方を示した。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で「移民問題がすでに危うい状態のドイツ政府に揺さぶりをかける中、ドイツ国民は統率者に背を向けつつある。ドイツ国内の犯罪も増加している。欧州の文化を激しく変化させている数百万人の移民を欧州全体で受け入れることは大きな間違いだ!」とつぶやいた。

実際のところ、ドイツの犯罪は急減しており、独内務省が前月発表した2017年の犯罪件数は576万件と、1992年以来の低水準、犯罪率としては約30年ぶりの低水準となっている。

ただ、反移民政策を掲げる極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が最大野党に躍進したことは、移民受け入れに積極的なメルケル首相の政策が背景にあるとも批判されている。2014年以降、中東地域からドイツに入国した移民の数は160万人を超えている。

トランプ政権に対しても、米・メキシコ国境で米国に不法入国を試みた移民の親子を引き離すケースが多発していることを巡り、内外から批判が強まっている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^