THE EPOCH TIMES

西日本で猛烈な雨 160万人に避難指示 8日まで前線停滞

2018年07月07日 18時10分

7月5日から、日本を帯のように横に覆う前線の活動が活発になったため、西日本を中心に、記録的な大雨が発生している。政府によると死者4人、心肺停止6人、また行方不明者2人となっている。一部報道によると、行方不明者は40人近くに上る。消防庁は西日本の22府県に70万世帯160万人に避難指示を出した。

気象庁によると、7日午前5時までの24時間に、福岡県添田町で374.5ミリ、広島県東広島市で327.0ミリ、兵庫県養父市で252.5ミリの雨量を観測し、それぞれ7月の月平均値を超え観測史上1位の値を更新した。

8府県に出ていた大雨特別警報は7日午後までに一部解除されたが、岡山県、兵庫県、京都府、岐阜県は同日18時時点も継続している。前線は8日まで西日本に停滞し、ゆっくりと東日本から北日本へ北上する。

8日までの予想雨量は、多いところで四国・九州北部は300ミリ、東海・九州南部は250ミリ、中国・近畿・北陸で200ミリとなっている。

政府は5日に関係省庁で災害警戒会議を開き、7日には同局長級会議、閣僚会議が開かれ、安倍首相は「人命第一の方針の元、救助部隊を遅延なく投入し、被災者の救命、救助に万全を尽くすこと」「先手先手で被害の拡大防止に万全を期すこと」「地方自治体と緻密に連携して住民の避難、被災者の生活支援、ライフラインの復旧などにあたること」を指示した。

消防庁は関西2府と九州を中心に、避難指示69万世帯161万人、避難勧告を129万世帯300万人に発表した。広島だけで避難指示、避難勧告合わせて105万世帯に発令されている。

総務省によると、NTTドコモの59局、KDDI(au)の78局、ソフトバンクの77局が停波し、携帯電話がつながらない状態が発生している。大手SNS・Twitterは、救助を求める被災者に向けて、ハッシュタグ#救助を利用し、被災状況の写真などを掲載して救助サインを示すよう促している。

警察庁は1万6500人、消防庁は3万人、防衛省は600人(待機人数約2万1000人)の人員を投入して、災害対応に当たっている。海上保安庁は巡視船3隻で状況調査や行方不明者捜索、警察官搬送を行っている。

(編集・甲斐天海)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^