THE EPOCH TIMES

ボーイング、次期米大統領専用機を4400億円で受注

2018年07月18日 20時37分

[ワシントン 17日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>は、次期大統領専用機「エアフォースワン」2機を建造する総額39億ドルの契約を受注した。「747─8」型機に基づいて新たな大統領専用機を開発する。納期は2024年12月。米国防総省が17日明らかにした。

国防総省によると、ボーイングは今年2月に次期大統領専用機の開発に関して非公式に合意していたが、今回の契約は設計、改修、試験飛行を盛り込んだ内容に範囲が拡大した。

トランプ大統領は2月の非公式合意の前にツイッターで、それ以前に提示されていた40億ドルの価格を巡って「コストが制御されていない」、「注文を取り消せ」などと苦言を呈していた。

次期大統領専用機は、核戦争など安全保障上最悪の事態となった場合に「空飛ぶホワイトハウス」として機能するよう設計されるとともに、米空軍の航空電子技術や最新の通信・防衛システムを搭載するための改修が行われる。

大統領専用機の外装は従来、白と青を基調とした塗装だったが、赤と白と青が配色されたデザインに変わる。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^