THE EPOCH TIMES

米商務省、ウラン輸入巡り通商拡大法232条に基づく調査開始

2018年07月19日 12時28分

[ワシントン 18日 ロイター] - 米国のロス商務長官は18日、ウランの輸入について通商拡大法232条に基づき新たな調査を開始したことを明らかにした。

調査はウル・エナジーとエネルギー・フュエルズの2社が、助成を受けた外国企業との競争により生産能力と雇用を削減せざるを得なくなっていると訴えたことを受け開始された。

ロス長官は調査はウラン採掘からウラン濃縮に至るまで、ウラン部門のすべてを網羅するものになるとしている。

同長官によると、1987年時点ではウランの国内需要の49%が国内生産で賄われていたが、この比率は現在は5%まで低下している。

通商拡大法232条に基づく調査はトランプ政権下では今回が4回目。鉄鋼とアルミニウムに関する調査は輸入制限措置の発動につながった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^