THE EPOCH TIMES

トランプ氏がイランに警告、「さらに脅せば悲惨な結末招く」

2018年07月24日 11時01分

[ワシントン/アンカラ 23日 ロイター] - トランプ米大統領は、イランが米国を一段と脅かすようなら、「ほとんどの国が過去に経験したことのない規模の」悲惨な結末を招くリスクを警告した。

22日にツイッターに投稿した。数時間前には、イランのロウハニ大統領がトランプ氏に、敵対的な政策は「あらゆる戦争のもと」につながる恐れがあると強調していた。

トランプ氏は、ロウハニ氏に宛てたメッセージで「米国を決して再び脅してはならない。さもなくばほとんどの国が歴史上経験したことのない規模の結末を招く。暴力や死に関する正気の沙汰と思えない発言を支持することはもはやない。注意せよ」と述べた。

トランプ氏のツイッターへの投稿を受けて、イランのザリフ外相もツイッターで反撃。トランプ氏とまったく同じように米国に対して「注意せよ」と大文字で書き込んだ。

ロウハニ氏は22日、自国の外交官らの会合で「イランとの平和はあらゆる平和の母で、イランとの争いはあらゆる戦争の母だと、米国は認識すべきだ」と述べた。国営イラン通信(IRNA)が伝えた。

ホワイトハウスの声明によると、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は「イランがマイナス方向の動きに出れば、ほとんどの国が過去に支払ったことのないような対価を支払うことになると、トランプ氏が語った」と述べた。

また、ポンペオ米国務長官も22日、イランの指導者は腐敗し不正な蓄財を行っていると述べ、イランは政府というよりも「マフィア」のようなものによって運営されていると批判した。「長く無視されてきた国民の声を米国は支持していく」とも述べた。

タスニム通信によると、イラン政府はポンペオ氏の発言について、国内問題への干渉と指摘した。

23日の原油相場は、両国間の緊張激化を受け供給懸念が広がり上昇した。北海ブレント先物<LCOc1>が一時、2%近く値上がりして1バレル=74.50ドル。米WTI原油先物<CLc1>も同69.31ドルまで上昇する場面があった。

*内容を追加して再送します。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^