THE EPOCH TIMES

米農家救済、9月下旬にも現金支給 貿易摩擦の悪影響を緩和

2018年07月30日 11時22分

[ブエノスアイレス 28日 ロイター] - パーデュー米農務長官は28日、国内農家向けの最大120億ドルの救済策措置について、9月下旬にも農家への現金支給が行われるとの見通しを示した。

中国の報復関税による米国の農家への影響は110億ドルと推計されている。トランプ米大統領は24日、貿易摩擦で国内農家が打撃を受けていることを踏まえ、最大120億ドルの資金支援を実施すると発表した。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれていた20カ国・地域(G20)農相会議の合間に行われたインタビューでパーデュー氏は、救済措置には70億─80億ドルの現金支給が含まれると語った。

ただ「明らかに全ての農家が対象になるわけではない」と説明。2018年の収穫分が支援対象となり、長期的に行う計画はないと述べた。

9月4日から救済申請が可能で、今年の収穫高のデータを政府に提出後、9月下旬か10月に救済金を受け取ると説明した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^