大紀元時報

米、新疆の綿・トマト製品の禁輸強化 中国の強制労働批判

2021年01月14日 14時21分
米税関・国境取締局(CBP)は1月13日、中国の新疆ウイグル自治区で生産された綿とトマト関連製品全ての輸入を禁じると発表した。同自治区で収容されている少数民族による強制労働で製造されていることを理由に挙げている。写真は同自治区の綿糸紡績工場の様子、2015年12月撮影(2021年 ロイター/Dominique Patton)
米税関・国境取締局(CBP)は1月13日、中国の新疆ウイグル自治区で生産された綿とトマト関連製品全ての輸入を禁じると発表した。同自治区で収容されている少数民族による強制労働で製造されていることを理由に挙げている。写真は同自治区の綿糸紡績工場の様子、2015年12月撮影(2021年 ロイター/Dominique Patton)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米税関・国境取締局(CBP)は13日、中国の新疆ウイグル自治区で生産された綿とトマト関連製品全ての輸入を禁じると発表した。同自治区で収容されている少数民族による強制労働で製造されていることを理由に挙げている。

米政府は昨年12月、新疆ウイグル自治区に拠点を置く組織「新疆生産建設兵団(XPCC)」が製造する綿製品に対して、禁輸措置を発動している。これまで特定企業を対象に実施していた禁輸措置を今回、全域に広げる。

CBPは、同自治区で生産された繊維原料や衣服、トマト関連製品など幅広い製品が対象になると指摘。また、第三国で加工・製造された製品も対象になると説明した。

CBPの推計によると、過去1年間に米国が輸入した綿製品は約90億ドル、トマト関連製品は約1000万ドルだった。

国土安全保障省(DHS)のケン・クッチネリ氏は会見で、今回の措置は、DHSが「いかなる形の強制労働も容認しない」という重要なメッセージを送ると強調した。

トランプ米大統領は、政権交代前に対中強硬姿勢を一段と強めている。

ワシントンの中国大使館は声明を発表し、強制労働問題は「政治的ごまかし」であり、中国企業の権利を守るため措置を講じると表明した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^