トップ 文化・歴史
文化・歴史
古代中国の時代、漢字を伝えるためにこの世に遣わされてきた神・倉頡(そうけつ)。四つの目を持っていたという伝説がある(Public Domain)
漢字のトリビア   「習う」という字の由来は?
2017.05.23
京都の聴竹居。国の重要文化財に答申(www.chochikukyo.comスクリーンショット)
日本文化   京都の聴竹居など 国の重要文化財、あらたに10件=文化審議会答申
2017.05.19
出土した中国古代の貨幣。古銭には、向かって右に「貨」、左に「泉」の文字がある(南あわじ市教育委員会)
日中文化   弥生時代の日本へ 中国の貨幣を発見=淡路島
2017.05.19
(TANAKA Juuyoh /Flickr)
故事   人を誤解することは容易だが、真意を知るのは難しい
2017.05.15
国史跡古津八幡山遺跡全景(新潟市)
日本歴史   新潟市を代表する国史跡へ 古津八幡山遺跡
2017.05.13
南宋臨安の城門。左下に象を連れた人々が見える。(インターネットより)
古人の知恵から学ぶ   南宋王朝の繁栄と助け合いの精神
2017.05.06
(t.kunikuni/Flickr)
故事   どんな環境でも学ぶことを忘れない
2017.05.03
老いた母親を背負う息子(ネット写真)
孝は百行の本   【二十四孝】母を背負い難を逃れ 貧乏でも親孝行を尽くす
2017.04.26
すべての物事には因果応報がある。善には善の報いがあり、悪には悪の報いがある(大紀元)
善果を得るのは?   将軍たちの因果応報
2017.04.13
誰かとトラブルになっても、一歩引きさがれば天地は広々としている (Fotolia)
大きな器   一歩引きさがれば円満になる
2017.04.07
元・王振鵬作「伯牙鼓琴図」(Public Domain)
琴の名人   本当の師匠はだれ?
2017.04.04
(David Stanley/Flickr)
危険を顧みない   【二十四孝】鹿の乳を搾り取る息子
2017.04.03
「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
八仙人のひとり   張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?
2017.03.27
(Epoch Times)
見えないものこそ   本当の宝とは
2017.03.23
古代中国の時代、漢字を伝えるためにこの世に遣わされてきた神・倉頡(そうけつ)。四つの目を持っていたという伝説がある(Public Domain)
口下手でもいい   「聴く」に込められた意味
2017.03.22
挫折してこそ人間は強くなれる(容乃加/大紀元)
粘り強さ   不運に遭っても内省し、成功の道へ
2017.03.20
中国では昔から親孝行についての物語が多い(shutterstock)
古人の考え   【二十四孝】自分の身を売って父を葬る 
2017.03.17
(ネット写真)
子供と一緒に読める   【二十四孝】曽参(そうしん)の親孝行
2017.02.24
(shutterstock)
知性も才能もまるでなし 大金持ちになったわけは?
2017.02.23
中華や和食、韓国料理ではおなじみの豆腐。近年では欧米でも健康食品として注目されている(shutterstock)
意外と知らない   豆腐の由来 
2017.02.21
^