THE EPOCH TIMES
トップ オピニオン

オピニオン

大紀元インタビュー
2012年の第18回党大会の開会式で、左から習近平・副主席、曽慶紅・元副主席(役職は当時)(Feng Li/GettyImages)
人物   「影のドン」曽慶紅 江沢民の腹心として登り詰めた人(2)
2016.12.30
2005年3月、北京の人民大会堂での会議に出席する曽慶紅・副主席(当時)(Cancan Chu/Getty Images)
人物   「影のドン」曽慶紅 江沢民の腹心として登り詰めた人(1)
2016.12.29
21日、フロリダ州のパルム・ビーチにある自身の別荘に姿を見せたドナルド・トランプ氏。25日には、同地でメディア関係者を招いたオフレコのセッションを開く予定(JIM WATSON/AFP/GettyImages)
大紀元評論・謝田   評論:トランプ氏の利益相反 どう解決するか(2)
2016.12.23
11月、大統領選で演説中のドナルド・トランプ氏と、支える家族たち(MANDEL NGAN/Getty Images)
大紀元評論・謝田   評論:トランプ氏の利益相反 どう解決するか(1)
2016.12.22
「国家政権転覆罪」の有罪となり、釈放後も軟禁状態にある中国の人権派弁護士・高智晟氏(大紀元)
不屈の精神   高智晟弁護士「絶対にヒラリー・クリントンに投票しない」(2)
2016.11.23
高智晟弁護士(新唐人テレビよりスクリーンショット)
不屈の精神   高智晟弁護士「絶対にヒラリー・クリントンに投票しない」(1)
2016.11.22
中国共産党が崩壊することで、はじめて中国と中国国民に新たな希望と再生を見出すことができる(GettyImages)
大紀元コラムニスト 程晓容   驚きの腐敗実態と大規模デモ多発からみる中国共産党の末路(2)
2016.10.29
腐敗官員らが受け取った莫大な賄賂のほんの一部だけで、多くの貧困に苦しむ国民の生活を直ちに改善することができたはず。しかし、共産党政権は根本的に自らの権力強化以外に興味がないのだ(GettyImages)
大紀元コラムニスト 程晓容    驚きの腐敗実態と大規模デモ多発からみる中国共産党の末路(1)
2016.10.28
9月18日午前、李克強首相は北京で行われた官僚の就任宣誓に立ち会った(写真/人民報)
憲法と法治国家   李克強首相が宣誓に立ち会い 宣誓文から消えた言葉とその意義
2016.10.03
香港に芽生える民主を、恐怖で摘み取ろうとする中国共産党。写真は2014年10月、香港民主運動「雨傘革命」で、民主化支持者により占拠された中心地(Studio Incendo/flickr)
大紀元コラムニスト臧山   脅しで香港を操作しようとする、中国本土の恐ろしさ
2016.10.01
マスコミを騒がせてきた「慈善家」陳光標氏の正体が、このたび中国メディアに暴かれた。大紀元評論家の夏氏はさらに分析する(GettyImages)
「慈善家」の裏側   NYタイムズを買収しようとした中国人大富豪 陳光標の正体
2016.09.28
中国移植医は日本で技術を学んだという(Jafaar Ashtiy/AFP/GettyImages)
待機時間2日、ドナー身元不明、どうして闇の臓器移植は続くのか ある医療従事者の告白
2016.09.08
2016年6月、ナショナルプレスクラブで臓器狩り新報告書を伝えるデービッド・キルガー元カナダ政府高官(大紀元)
臓器狩り   中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・キルガー氏 独占インタビュー
2016.08.27
唐山大地震40年の追悼行事に出席した習近平主席(ネット写真)
大紀元評論家周暁輝氏コラム   唐山大地震から40年 習主席の積極的姿勢を読み解く
2016.08.09
2015年9月、人民軍の軍事パレードに姿を見せた習近平・中国国家主席(Kevin Frayer/Getty Images)
分析=中国、一党独裁を解く「大統領制」移行はあるのか(2)
2016.07.19
アルメニアの大統領を北京で迎える習近平・中国国家主席(Feng Li/Getty Images)
中国改革、一つ上のステージへ   分析=中国、一党独裁を解く「大統領制」移行はあるのか(1)
2016.07.18
紀元曙光(2016年2月9日)
2016.07.14
紀元曙光(2016年2月26日)
2016.07.14
文・中原   食客たちのスタイル
2016.07.14
米ワシントンのナショナル・プレス・クラブで6月、中国の臓器強制的出問題についての最新報告書発表記者会見で発言するデービッド・マタス氏(李莎/大紀元)
独占インタビュー   中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(2)
2016.07.05
中国での法輪功修煉者からの臓器摘出問題に関する調査報告の共著者、人権擁護弁護士デービッド・マタス氏。2007年5月29日、カナダ議会での公聴会で。(大紀元)
独占インタビュー   中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(1)
2016.07.04
イーサン・ガットマン氏を手にもつ著書『殺処分(仮題)』(原題:The Slaughter)。原書は2014年8月12日に 米カリフォルニア州サンフランシスコで出版された。(Steve Ispas/Epoch Times)
中国臓器狩り新報告 共著者イーサン・ガットマン氏 独占インタビュー(2)
2016.06.26
イーサン・ガットマン氏と著書『殺処分』表紙(EndOrganPillaging.org)
中国臓器狩り新報告 共著者イーサン・ガットマン氏 独占インタビュー(1)
2016.06.25
特別報道   【特別報道】江沢民の逮捕が、中国社会を安定へ
2016.05.28
特別報道   【特別報道】中国共産党を排除すれば 習近平氏は歴史上の英雄になる
2016.05.28
中国共産党機関紙の元スタッフが5月9日までに大紀元の取材に応じ、自身の辞職表を公開した。そこには「もう(政府や役人を)賞賛したくない、もう(国民を)脅したくない」といった内容を記していた。(呉君梅さん提供)
大紀元インタビュー   共産党機関紙の元スタッフ、当局の世論操作や思想コントロールを暴露
2016.05.21
湖南省の病院で、移植用臓器を運ぶ医師たち(大紀元資料)
【独占インタビュー】元老の次男、江沢民告訴を支持 臓器狩りを調査し公開すべき
2016.03.18
大紀元のインタビューに応じた羅宇氏(大紀元)
中国軍元大将の次男、習氏へ「江沢民逮捕」を呼びかける
2016.02.24
文・中原   「習核心」確立の意味
2016.02.18
紀元曙光(2016年1月27日)
2016.01.27
^