THE EPOCH TIMES
トップ 国際

国際

 7月31日、トランプ米大統領は、フロリダ州での演説で、中国の報復関税の打撃を受けている国内農家について困難な状況に耐えていると称賛し、自身の通商政策の正当性を主張した。州知事選に出馬するデサンティス下院議員(左)の演説を聞く同大統領(右)。タンパで撮影(2018年 ロイター/Carlos Barria)
トランプ米大統領がフロリダ州で応援演説、通商政策の正当性主張
2018.08.01
 7月31日、トルコの裁判所は、テロリズムなどの罪に問われている米国人牧師、アンドリュー・ブランソン氏を自宅軟禁から解放するよう求めた申し立てを退けた。写真はNATOサミットで話すトランプ米大統領(左)とトルコのエルドアン大統領(右)。ブリュッセルで11日撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)
トルコ裁判所、米国人牧師の解放認めず 政府は制裁への報復警告
2018.08.01
 7月30日、サウジアラビアは先週、紅海の南端に位置するバベルマンデブ海峡を通るすべての原油の出荷を「一時的に停止」すると発表。写真は5月、サウジでサウジアラムコの原油タンク前を歩く職員(2018年 ロイター/Ahmed Jadallah)
アングル:サウジ、なぜ紅海経由の原油出荷を停止したか
2018.08.01
 7月31日、トランプ米大統領がイラン指導部と前提条件を設けずに会談する意思があると述べたことについて、ポンペオ国務長官は支持する考えだ。26日撮影(2018年 ロイター/Alex Wroblewski)
ポンペオ国務長官、トランプ氏の米イラン首脳会談提案を支持
2018.08.01
イラン内相「米国は信頼できず」、トランプ氏の無条件会談意向に
2018.08.01
7月31日、ジョン・ケリー米大統領首席補佐官は、次回米大統領選が行われる2020年末まで現職にとどまる見通し。写真は6月21日、ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)
ケリー米大統領首席補佐官、20年まで留任へ
2018.08.01
 7月31日、日ロの両政府はモスクワで外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を開いた。小野寺五典防衛相(写真)は、ロシアが潜在的脅威への対応として北方領土で軍事演習を強化していることに対し、活動縮小を要請した(2018年 ロイター/Maxim Shemetov)
日本、北方領土での軍備縮小要請 モスクワで日ロ2プラス2
2018.08.01
 7月31日、米国務省のナウアート報道官は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(写真)が6月の米朝首脳会談での合意に沿って非核化の約束を果たすと期待しているとの立場を示した。写真は朝鮮中央通信(KCNA)が27日配信(2018年 ロイター)
北朝鮮の金委員長が非核化の約束果たすと期待=米国務省報道官
2018.08.01
 7月31日、米国のペンス副大統領(写真)は、フェイスブックが11月の中間選挙に向け利用者に影響を及ぼそうとする新たな組織的活動を察知したと発表したことを受け、海外からの選挙干渉を防ぐ意向を表明した。NY市で撮影(2018年 ロイター/Eduardo Munoz)
米選挙に対する海外からの干渉、看過しない=ペンス副大統領
2018.08.01
日豪、インド太平洋地域のインフラ整備推進で米と協力
2018.07.31
トランプ氏、イタリアの強硬な移民政策を評価 「大いに賛成」
2018.07.31
 7月30日、ロス商務長官はハイテク製品のインドへの輸出管理規制の緩和を明らかにした。25日撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
米国、ハイテク製品の対インド輸出規制を緩和=ロス商務長官
2018.07.31
 7月31日、イランのロウハニ大統領の顧問は米国に対し、イランと協議する道を開くには欧米など6カ国とイランが2015年に締結した核合意に戻るべきだとの見解を示した。4日撮影(2018年 ロイター/Lisi Niesner)
米国、核合意復帰で協議への道開ける=イラン大統領顧問
2018.07.31
 7月30日、ポンペオ米国務長官は、パキスタンの新政府に対し国際通貨基金(IMF)が緊急援助を行う場合、その資金は中国からの融資返済に充てられるべきではないと警告した。写真は会見する同国務長官。26日ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Alex Wroblewski)
IMFのパキスタン支援、中国への返済充当は認めず=米国務長官
2018.07.31
 7月30日、米紙ワシントン・ポストは、北朝鮮が新たな大陸間弾道ミサイル(ICBM)を1発もしくは2発、製造しているもようだと伝えた。写真は北朝鮮の国旗。ジュネーブで2014年10月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)
北朝鮮、過去にICBM製造した施設で活動再開のもよう=米高官
2018.07.31
中国の浸透に警鐘を鳴らす著書『静かなる侵攻』(大紀元)
中国浸透工作の暴露本、台湾で出版頓挫 圧力か
2018.07.31
新型イージス艦が進水、自衛隊初の「共同交戦能力」
2018.07.30
 7月28日、パーデュー米農務長官(写真)は、国内農家向けの最大120億ドルの救済策措置について、9月下旬にも農家への現金支給が行われるとの見通しを示した。ブエノスアイレスで撮影(2018年 ロイター/Martin Acosta)
米農家救済、9月下旬にも現金支給 貿易摩擦の悪影響を緩和
2018.07.30
 7月29日、トランプ米大統領は民主党がメキシコとの国境への壁建設予算を盛り込んだ移民法改正案を支持しない場合、連邦政府機関の閉鎖も辞さない考えを改めて示した(2018年 ロイター/Eric Thayer)
米大統領、メキシコ国境の壁予算巡り政府機関閉鎖も辞さず
2018.07.30
政策の変更ない、米ロ首脳会談受け=マティス国防長官
2018.07.28
トランプ米大統領、モスクワ訪問に前向き=ホワイトハウス
2018.07.28
7月27日、米商務省が発表した第2・四半期国内総生産(GDP)の速報値は、年率換算で前期比4.1%増と、2014年第3・四半期以来の大幅な伸びとなった。個人消費が底堅かったほか、中国の対米輸入関税が発効する前に大豆の輸出が前倒しされ、輸出全体が拡大した。写真は2014年5月、シカゴで(ロイター 2018年/Jim Young)
米GDP、第2四半期は4.1%増 個人消費と輸出が押し上げ
2018.07.28
米政権、イランの体制変更・崩壊は望まず=マティス国防長官
2018.07.28
 7月26日、米上院は16日、小型家電や化学品など約1660品目の輸入障壁を撤廃または削減する法案を全会一致で可決した。対象品目の多くは中国で製造されている。写真はカリフォルニア州ロングビーチの港で16日撮影(2018年 ロイター/MIKE BLAKE)
米上院、家電などの輸入障壁削減法案可決 多くは中国で製造
2018.07.27
 7月26日、米政府と欧州連合(EU)の貿易問題を巡る合意について、ホワイトハウス高官は、合意の範囲は米国側の想定を上回るものだったとし、米国とEUは中国が引き起こしている市場の問題にともに対応していくとの見解を示した。写真はトランプ米大統領(右)とユンケル欧州委員長(左)。ワシントンで25日撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)
EUとの貿易巡る合意の範囲、米政府の想定上回る=米高官
2018.07.27
 7月27日、韓国国防省は、北朝鮮と韓国が7月31日に両国の軍事境界線にある板門店で軍事協議を行うことで合意したと明らかにした。写真は食品工場を視察する金委員長(中央)と李夫人(右)。朝鮮中央通信提供(2018年 ロイター)
北朝鮮と韓国、7月31日に軍事協議─韓国国防省=聯合ニュース
2018.07.27
 7月26日、米ソーシャルメディア大手のフェイスブックとツイッターの幹部は、ロシアによる2016年の米大統領選挙への介入疑惑を巡る調査の一環として、9月に米上院情報特別委員会の公聴会で証言する。2017年1月撮影(2018年 ロイター/Philippe Wojazer)
フェイスブックとツイッター幹部、9月に議会証言 ロシア疑惑で
2018.07.27
 7月25日、ベネズエラのマドゥロ大統領(写真)は通貨ボリバルからゼロを5つ削除するデノミネーション(通貨単位切り下げ)を発表した。提供写真(2018年 ロイター Miraflores Palace/Handout via REUTERS)
ベネズエラがデノミ発表、通貨ボリバルから「ゼロ5つ削除」
2018.07.27
 7月26日、英国際貿易省は、トランプ米大統領と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長が貿易対話の開始で合意したことについて、歓迎の意を表明した。写真はオーストリアの鉄鋼所で2016年9月撮影(2018年 ロイター/Heinz-Peter Bader)
英、米EUの貿易対話開始を歓迎 「鉄鋼・アルミ関税撤廃を」
2018.07.27
米EU、まず鉄鋼アルミ関税に注力 通商問題段階的合意へ=長官
2018.07.27
^