THE EPOCH TIMES
トップ 漢字の紐解き
漢字の紐解き
「春」

中国の賢人や学者は春を好みました。かつて孔子は弟子たちに自分の望みを尋ねました。弟子たちは強力な国家を築くよう国王を助け、人々が良い暮らしを送れるようにしたいと答...

「樂」

「樂」には「音楽」「楽しい」という意味があります。多くの中国語の言葉のように象形文字が組み合わされたもので、「幺」「 白 」「木」から成ります。

「王」

ほぼ数百年前の世界では、十万以上の王国が存在していました。つまり、十万人以上の国王がいたのです。古代文明では、国王とはどのようなもの存在だったのでしょうか。

「花」

漢字の「花」は実に象徴的です。最古の象形文字では、花の咲く茂みを表していました。現在用いられている漢字は、二つの要素から構成されています。草かんむりは植物を示し ...

「聖」

先日「王」の成り立ちについてご説明しました。この王に別の漢字を加えることで、「聖」という文字が生まれます。

「玉」

前回の「聖」と同じように、「玉」の中にも「王」という漢字が現れます。「玉」に見られる点は、 国王が正装する際につける魔除けを意味します。

「花」

漢字の「花」は実に象徴的です。最古の象形文字では、花の咲く茂みを表していました。現在用いられている漢字は、二つの要素から構成されていて、 草かんむりは植物を示し ...

「和」

物事を成功させるには、「天の時、地の利、人の和」の条件が揃っている必要があると言われています。「天」「地」 は、恵みによるものですが、「人」は私たちの問題です。和...

「鳳」

南部の丘に美しい鳥が棲息しており、その鳥は歌も踊りもでき、頭部、翼、背中、胸部、腹部には漢字の「徳」「義」「禮」「仁」「信」のような文様に覆われているという伝説が...

「悟」

人生は夢幻と昔から言われてきました。佛教では修煉を通してのみ、この幻想から目覚めることができると諭しています。このような目覚めを「悟り」と言います。

「慧」

「慧」の文字は「智慧」という言葉に使われます。「知恵」と「智慧」の違いについて、考察してみましょう。

「武」

神韻でご覧になった太極扇の師や、清の王朝の戦士、少林寺の僧侶たちなどの勇ましい姿が、いまだに目に焼き付いているかと思います。皆、武道に長けています。武道は敵を打ち...

「法」

伝説によると、昔、水辺の近くに一角獣が棲息し、悪い人間に出会うとその角で突き刺していました。このため、善人と悪人を見極める必要のあるとき、この一角獣が呼ばれるよう...

「朝」

甲骨文字の「朝」は、 月が水平線からゆっくりと消えていく様子と、森の背後から太陽の光が垣間見える様子を表現した静穏な文字でした。現代の文字もこれを反映して、へんは...

(神韻芸術団フェイスブック)
「学」

 子の上の冖(ワカンムリ)は、子供の知能が発達し始めたことを表します。その上の右と左にあるものは「手」に似た形をしています。両手の間には爻があり、古代中国の易占い...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「寿」

「孝」は古代で重視されていた徳の一つです。古代中国のしきたりによると、 半世紀(50歳)を超える老人には、祝いの席がもうけられました。

(神韻芸術団フェイスブックより)
「琴」

古代中国の人々は音楽をとても高尚なものとしていました。このことは、琴への思い入れからも窺えます。

(神韻芸術団フェイスブックより)
「舒」

今回の漢字はあまり日本では使われない文字です。「舒」は、伸びやかで楽しく、気持ちがゆったりとしていることを意味します。心地の良い生活とは、必要不可欠な物があること...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「心」

西遊記の孫悟空は、須菩提祖師に弟子入りし、「靈台方寸山、斜月三星洞」(霊台より一寸離れた山、三日月と三ツ星の洞窟)と呼ばれる場所で法術を学びます。いったい孫悟空は...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「志」

中国史の様々な時代の英雄たちを神韻では取り上げています。 例えば、 国外からの侵略に対して国を護り「忠」とは何かを示した将軍・岳飛、全ての衆生を苦しみから救いたい...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「寒」

「寒」の文字について考察してみましょう。  古代の形象文字では、屋根を表すウカンムリ(宀)の下に四束の藁に囲まれた人、つまり藁布団(わらぶとん)と人が描かれ...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「郷」

唐の時代の著名な詩人、王維の『九月九日山東の兄弟を憶う』という詩に下記の下りがあります。  独在異郷為異客(独り異郷に在って異客と為り)  毎逢佳節倍思親...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「龍」

 東洋の龍は、西洋の、いわゆる「火を吹く空飛ぶドラゴン」とは異なることをご存知でしたか?東洋の龍は、うさぎの眼、鹿の角、牛の口、ラクダの頭、二枚貝の腹、虎の掌、鷲...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「極」

古代、「極」は家を支える大切な梁(はり)を意味し、木偏(きへん)に「亟」という文字から構成されています。「亟」の中央はまっすぐに立つ人、上の横棒は頭、下の横棒は足...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「順」

子曰く、「六十にして耳従う(耳順)」(意訳:何を聞いても平静な気持ちになった)。孔子は心地よいことだけを耳にするという幸運に恵まれていたのでしょうか?

(神韻芸術団フェイスブックより)
「器」

 器は古代中国では貴重なものでした。青銅器時代には、儀式用、杯(さかずき)用、さらに楽器として器が制作されていました。これらの器は贅沢品だったのです。さて、漢字を...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「善」

 古代の甲骨文字では、善は「羊」と表されています。当時の中国では羊は神への生贄の中で最も清らかなものとされていたからです。また、キリスト教では「神の子羊」はイエス...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「仙」

 唐の時代に李白という詩人がいました。 中国詩歌史上においてその名を轟かせた人物でしたが、自己の名声や富にこだわらず、一生を通して山奥で修業する仙人になりたいと思...

(神韻芸術団フェイスブックより)
「慎」

「戦士のように果敢でありながら、氷の上を歩くように慎重であるべき」という古代中国の医師による名言があります。人生の苦難に差し掛かった時、古代の人々は、前世で何か悪...

(神韻芸術団フェイスブックより)
愚公移山「愚公、山を移す」

 険しい二つの山に挟まれて生活していた、愚公という老人の伝説です。山の向こう側に行くには、山道がないために遠回りをしなければなりませんでした。不便な状況に苛立って...

^