トップ ≪縁≫
≪縁≫
1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者(写真・著者提供)
【新連載!】 ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(1)

 【大紀元日本1月1日】 はじめに もし私が依然、普通の人と同じ考え方であったなら、八歳のときに家族と...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(2)

 【大紀元日本1月4日】第一章  中国への旅立ちと期待 1944年3月、8歳のとき、私は両親と一緒に新...

著者の母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(3)

 【大紀元日本1月7日】 この結末を聞いて、私はとてもほっとしました。母は私に、「みんなが互いに助け合...

  著者の母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(4)

 【大紀元日本1月11日】この時、乗客の皆は船を降りて上陸する準備をしていましたが、母は私が見当たらな...

  著者の父(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(5)

 【大紀元日本1月14日】 私たちが中国へ旅立つ前、父は祖母の家へ行って、中国行きについて相談しました...

著者の父(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(6)

 【大紀元日本1月16日】私たちが父と一緒に船に戻ったとき、母はもう弟の力を寝かしつけ、みんなの布団を...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(7)

 【大紀元日本1月18日】 私たちは、羅津市を離れてからは、暴風雨に遭うこともなく、好天に恵まれ、さら...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(8) 「裏切られた期待」

 【大紀元日本1月21日】 第二章 裏切られた期待と開拓団での生活 私たちがバスから降りたとき、目に飛...

   著者の母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(9)「裏切られた期待」

 【大紀元日本1月24日】 大人の人にとって「何とかして生きていく」ということが何を意味しているのか、...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(10) 「裏切られた期待」

 【大紀元日本1月26日】 それからしばらく経って学校が始まり、私は毎日小道を通って山の麓にある学校に...

著者の一番目の弟・一(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(11) 「裏切られた期待」

 【大紀元日本1月29日】 私は次第にそこの生活に慣れました。入学して間もないある日のお昼、食事(昼ご...

著者の母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(12) 「裏切られた期待」

 【大紀元日本2月1日】 開拓団にきてから、自分がだいぶ成長し、多くの事を知るようになったと感じました...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(13) 「裏切られた期待」

 【大紀元日本2月4日】 私たち一家6人の開拓団での生活は、とても簡素で非常に短いものでしたが、私の生...

  著者の父(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(14)「父との永遠の別れ」

 【大紀元日本2月7日】 第三章 嵐の訪れ:父との永遠の別れと苦難の逃避行 父との永遠の別れ 1945...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(15) 「苦難の逃避行」

 【大紀元日本2月10日】 苦難の逃避行 父たちが行った後、学校では授業がなくなり、子供たちは外へ出な...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(16)「苦難の逃避行」

 【大紀元日本2月14日】 そのとき、母は私の頭を軽くなでました。出発するので、お母さんの服をしっかり...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(17)「苦難の逃避行」

 【大紀元日本2月24日】  私は左右の手で一人ずつ弟の手を引き、3人で横になって山を一気に下りて行き...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(18)「苦難の逃避行」

 【大紀元日本2月27日】 義勇軍兵舎 日が沈み、周りは暗くなり始めましたが、前方にはまだ何の建物も見...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(19)「終戦」

 【大紀元日本3月3日】 私たちがここに到着した次の日、雨が降り始めました。雨は激しく強風混じりで、少...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(20)「再び逃避行」

 【大紀元日本3月10日】 再び逃避行 今回は山奥の森林地帯を歩きました。大人の人たちが言うには、獣が...

^