トップ 心の琴線
心の琴線
大江健三郎氏。東京のフランス大使館にて(2002年5月)(AFP/AFP/Getty Images)
【心の琴線】 継続とは力なり 小さな目標から始めよう

 【大紀元日本8月1日】知的障害者の息子を持つノーベル文学賞受賞者・大江健三郎(75)氏は、40年間1...

<心の琴線>角度を変えれば、世界が広がる

 【大紀元日本8月19日】ある日の午後の出来事だった。牧師は、翌日のミサのために必要なスピーチの原稿を...

夏の休暇でごった返すフランス・パリの駅 (MIGUEL MEDINA/AFP/Getty Images)
<心の琴線> 今度はあなたの番

 【大紀元日本10月8日】パリ北駅で、ある青年が「中国語を話せますか」と尋ねてきた。リヨンへ行きたいが...

<心の琴線> 妻が亡くなった後 6歳の息子を叩いた私

 【大紀元日本10月12日】妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。息...

孫文蓮
<心の琴線> おじいちゃんと孫文、私を結ぶ縁

 【大紀元日本10月26日】祖父が亡くなってしばらくしてから、母が「大事なものが出てきたわ」と言って箱...

(Romainguy/Creative Commons)
<心の琴線> 息子が直してくれた、嫉妬心という名の病(やまい)

 【大紀元日本12月7日】息子が重度のアトピーと診断されたのは、彼が1歳のときだった。 強烈なかゆみの...

Blue Sky (Kanko/Creative Commons)
<心の琴線> 異国で出会った日本の歌

 【大紀元日本12月21日】ふと立ち寄ったコーヒーショップや食事をしていたレストランなどで、思いがけず...

(sektordua/CreativeCommons)
<心の琴線> 太陽の人

 【大紀元日本1月29日】それはまだ私が母親になっていない、20代後半の頃からだろうか。小さい子供を見...

(Musteroiseau/Wikipedia/Commons)
<心の琴線> 小さな白いヒヤシンス

 【大紀元日本3月5日】いつものように私は、娘を迎えに幼稚園に行った。 若い女性の担任の先生が、少した...

(ユーチューブより)
<心の琴線> 生と死について―最後だとわかっていたなら

 【大紀元日本4月21日】未曾有の大災害を目のあたりにして、多くの被災された方々のことを思うとともに、...

(L-ouise/Creative Commons)
<心の琴線> いつ帰ってくるの?

 【大紀元日本6月9日】母はすっかり年をとり、子どものように駄々をこねるようになった。電話では、いつも...

(Naoto Takai/Creative Commons)
<心の琴線> 心をほぐした瞬間

 【大紀元日本6月21日】私の兄が訪ねてきた時のことだ。兄は突然、叔父から引き継いだ工場を売却したいと...

梅の愛

 【大紀元日本7月1日】梅雨の晴れ間、私は毎年、梅の実を漬けます。そんな時思い出すのは、私の友人のお母...

(Christian Revival Network/CreativeCommons)
<心の琴線> 気性の激しかった父が生まれ変わった 

 【大紀元日本8月16日】中国には、「山河は改造しやすいが、人の本性は改め難い」(江山易改、本性難移)...

(thisisbossi/ Creative Commons)
生命にとって一番重要なのは?

 【大紀元日本8月25日】にぎやかな町を歩いている時、ふと寂しさを感じたことがありますか? 家族と遠く...

(GoodNCrazy/Creative Commons)
<心の琴線> 最愛の弟

 【大紀元日本8月29日】私の家は辺鄙な山村にあり、両親は畑を耕してどうにか生計を立てていました。私に...

(ChR!s H@rR!0t/Creative Commons)
<心の琴線> 勇敢になることの美しさ

 【大紀元日本9月9日】彼女は子供の時から見栄えが悪く、泣き声も大きかった。可愛がってくれる人は少なか...

(Anthony Quintano/Creative Commons)
私は両親と夢の中でしか会えない

 【大紀元日本9月15日】もうすぐ旧暦の8月15日がくる。ニューヨークは、楽しい中秋節の雰囲気に包まれ...

(ARESAUBUM/CREATIVE COMMONS)
人生は贈り物: 盲目の少女の物語

 【大紀元日本9月16日】ひとりの盲目の少女がいた。彼女は、盲目ということで自分自身を嫌っていた。 彼...

(MOONHOUSE/CREATIVE COMMONS)
人生にとって本当に大切なものとは

 【大紀元日本9月17日】大学で哲学を教えているある教授は、授業が始まると同時に大きなビンを教壇の上に...

^