草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(三)

2005/04/28 09:30
【大紀元日本ネット4月25日】(大紀元記者黄毅燕報道)著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリアのサニーベイルにて行われた第13回“九評共産党”シンポジウムに参加した。現在パンアメリカンキャピタル副会長兼CEOである草庵居士は、シンポジウムにおいて、“中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールなのか”と題する講演を行った。

講演において、草庵居士は中共政府の経済指標を用い、中国経済がなぜ、表面的には繁栄し、実際には至る所に危機を内在しているのかについて分析を行った。まず、中国経済は不均衡な発展をしており、70%が外需に依存している:郷・県・省3級の政府の財政赤字はGDPの70%になっており、銀行の不良債権は全国の営業利益(年ベース)の20倍である:さらに、銀行の不良債権の内幕は驚異的であった。

草庵居士はこう述べている:“中国建設銀行の現在の行長である郭樹清の話を引用すると、中国の銀行界にはシステム的なリスクが出現しており、このシステム的リスクについて、少しでも注意を怠れば、中国の金融システム全体は直ちに崩壊するであろう。”

以下は、草庵居士の発言内容である。

野菜の栽培・販売者が5億ドルの富豪になった話

私は、かつて"李小二の問題"と題する文章を書いたことがあります。この李小二というのは本名ではありません。彼は、次男で背が低かったので、小さい頃から李小二と呼ばれていました。彼はチチハル人でした。以前、中国の一部の官僚がロシアと辺境貿易をしており、彼は農民として、辺境の小さな町で野菜を売っていました。野菜を栽培して売る生活はあまり良いものではありませんでしたが、どうにか暮らすことはできました。

路上で"貴人"を救う

ある日、彼は、路上で人がうずくまり、辛そうにしているのを偶然に発見しました。農民は非常に素朴で、すぐにどこから来て、何があったのか尋ねました。その人は話をしませんでした。病気にかかっており、顔が青白くなっていました。彼はこう言いました:私があなたを病院につれていきましょう。

しかし、大病院に行くのは気が引けるので、家で業務をしているはだしの医者(中国の農村で農業に従事しながら医療活動をした衛生員)を探しました。医者は彼を看た後で彼を家に引き取ってくれました。数日間住みこんで、彼の病気は治りました。彼は、あなたが私の命を救ってくれたのですかと言いました。

当時、彼の病気は非常に重かったというわけではなかったのですが、誰もケアしてくれなかったのです。だから彼は非常に感動して、彼に、住所、電話番号を残していきました。さらに、次のように言いました:何かあったら北京に来て私を探しなさい。私たちは兄弟です。兄弟の交わりを結んだのです。

北京を訪れて兄弟を探す

しばらくして、李小二の家の商売が容易ではなくなり、彼は北京に行って出稼ぎをすることにしました。彼はすぐさま布団を背負い、北京にやってきました。北京に着くと直ぐに以前の電話番号に電話し、あの兄弟を探しました。

兄弟:あなたはどこにいるのですか?

李小二:私は駅にいます。

兄弟:そこで待っていてください。すぐに向かいます。

結果として、李小ニがふと見ると、数台のベンツがやってきました。体格の良い、黒服を着た男が数人、彼を探してやって来ました。彼は警察が逮捕しに来たと思い、自分は罪を犯していないと言いました。

相手:違います。私たちの兄があなたを招待しているのです。

李小二:あなたがたの兄とは誰なのですか?

相手:あなたは私たちの兄を救ってくれました。私たちの兄はあなたの弟です。

彼は車に乗せられ、ホテルに送られました。そこでおいしい食事、酒にありつきました。彼はやはり非常に気がかりでした。そして、こう言いました:これはだめです。こんなお金を私は負担できません。

相手:心配は無用です。私たちの兄が面倒を見てくれます。

李小兄:だめです。私は仕事をしないといけません。私が仕事を探すのを手伝ってください。私は。野菜を栽培する場を失ったのです。レンガや麻袋を担いでも結構です。肉体労働でも結構です。

相手:あなたはなぜ肉体労働などするのですか?あなたは私たちの兄の命を救って下さったのです。あなたのこの話を兄に伝えておきましょう。

その後、彼は"兄弟"と面会、食事をしました。彼はこう言いました:私は家が貧しく、
お金がありません。仕事を探すのを手伝ってもらえませんか?

兄弟:その必要はありません。明日来ていただければ、私が解決してあげましょう。

翌日、兄弟の手下が一本の封筒を持ってきてこう言いました:この封筒を持って行って下さい。省長のところに持っていけば、あなたにお金が入ります。

李小二:これはどういうことですか?私を騙しているのではないですか?

手下:騙してはいません。電車の切符を買ってあなたをお送りしましょう。

自動車2000台の輸入許可証を得る

一週間あまり世話になって、彼は家に戻りました。戻った後、彼には知識がなかったので、直ちに村長を探し、省長を探しはしませんでした。村長は、封筒を一目見てこう言いました:あなたはどうやって国務院の印を入手したのですか?我々では対応できないので、郷長の所に行きましょう。

郷長は、封筒を見てこう言いました:これは本物ですか?県長の所に行ってみましょう。県長は一目見てこう言いました。私たちのレベルでは取り扱いできません。地区の専門官の所に行きましょう。

専門官は封筒を見終えてこう言いました:あなたの兄弟は何をしている人なのですか?彼曰く、:それは、分かりません。分かることは、彼には手下がいて、おいしい食べ物と酒があることだけです。あなたを連れて行きましょうか?専門官は次のように言いました:それはできません。省長の所に行きましょう。

結局、本当に省長の所に行きました。省長は封筒の公文を見て、こう言いました;こうしましょう。私たちで北京に行って、本物かどうか確かめましょう。数日も経たないうちに、省長は彼を連れて北京に行きました。北京について、彼ら(国務院)は言いました:これは我々の許可証です。2000台の自動車の輸入許可証です。これは我々が発したものです。

省長はこれを聞くと、すぐに小二を兄弟と崇め立てました。彼はこう言いました:あなたは中央の許可証を入手したのです。2000台の自動車です!こうしましょう。あなたは、省政府の顧問になるのです。

李小二:それは違います!それはだめです。お金を払ってください。私の兄弟は言いました。あなたは私に2000万元を支払わなければいけません。車は2000台で、一台1万元です。

省長:よし!すぐあなたに支払おう!

結局、省長はこう言いました:このようにあなたに支払うことはできません。あなたのために会社を作りましょう。

全国ではじめて上場した農業会社の会長になる

その結果、彼は全国ではじめて上場した農業会社がチチハルに設立されました。李小ニは、この農業会社の社長兼会長になりました。この省長は、李小ニに対し、たびたび北京で輸入許可証を取ることを求めました。自動車3000台、2000台の許可証はこのようにして発行されました。彼らは非常にお金が儲かると感じました。輸入許可証1枚で、1万元に留まらず、10万元も稼ぐことができるのです。こうした状況が発生したのです。

一段落して、北京の兄弟は、李小ニがこうしてお金儲けをしているのを見てこういいました:兄弟みんなでお金儲けをしましょう。こうしましょう。中央があなたにプロジェクトを与えます。あなたの会社に私の兄弟を何人か派遣して役員にし、私が社長になります。

李小ニ:当然結構です。あなたに差し上げるお金はたくさんあります。ぜひ来てください。

李小ニはチチハルに家を買い、妻と幸せに過ごし、2人の子供を持ちました。一人目の子供にお金は要りません。二人目に女の子を産んだ時、1万元余りの罰金を徴収されました。三人目に女の子を産んだ時、全く罰金をとられませんでした。政府は彼に対して非常に好意的な対応をしたのです。

状況が急変 500億ドルの富豪に

ある日、彼の家に北京の兄弟から電話がかかってきました:すぐに北京に来てください。家族全員で来てください。急な話があります。

李小ニはこの恩人の話を聞くと、すぐに飛行機で北京に向かいました。北京について飛行機を降りると、彼の兄弟はパスポートとアメリカのビザを彼に渡し、こう言いました:すぐアメリカに行ってください。急な話があります。

李小ニ:私はアメリカに行ったことがないので英語は分かりません。

兄弟:構いません。ロサンゼルスに人を手配してありますので直ちに向かって下さい。あなたが行った後、私も向かいます。

結局、李小ニは飛行場を出ず、そのまま数時間待ってアメリカに向かいました。アメリカに到着して飛行機を降りると、人が彼を迎えてくれ、また彼のために家が用意してあり、ここに住むように言いました。その人はこう言いました:まず、外に出ないで下さい。国内で問題が発生しました。

李小ニ:何が起こったのですか?

迎えの人:構わないで下さい。安心してここにいて下さい。この預金通帳に5億ドルが入っています。安心してここで待っていて下さい。外には出ないで下さい。   

結局、約半年が過ぎた後、チチハル市の副市長が銃殺刑を受けました。あの会社はといいますと、社長は銃殺刑となり、会長はアメリカに逃げました。中国では、これを"失踪"と呼んでいます。会社は倒産し、清算されました。

李小ニは何をしているのでしょうか?彼はロサンゼルスで長城飯店を経営しています。良心的な話をしますと、私がそこへ行くと人は誰もいません。私一人が食事をとっているほかは誰も食事をしていません。彼は看板を下げ、2人を雇っています。一人がコックで、一人がボーイです。彼は毎日何をしているのでしょうか?ラスベガスでギャンブルをしているのです。彼は非常に賢く、たくさんの家を買い、あちこちに隠れ住んでいるのです。

一回の賭けで500万ドル使わないと心が落ち着かない

私:あなたは何をしているのですか?毎日ギャンブルをしているではないですか!

李小ニ:ギャンブルをせずにはいられないのです。私はアクシデントを探さなくてはならないのです。5億ドルで3%の利率を考えてみて下さい。一年でドルを使いきろうとしても、ギャンブルでもしなければ使い切れません。

私は、李小ニとラスベガスに1、2回行ったことがあります。彼の賭け方を見ると、100万のコインを一箇所に賭けます。だから、ラスベガスのいくつかの賭場は皆彼の顔を知っており、彼が来るとこう言います:だんな様がもてなしてくれるそうですね。お願いします!食べ物、飲み物も振舞って下さいよ。

李小ニ:私は1度で大体2、3日賭けをして戻りますが、そうでもして気分転換をしなければならないのです。私は、一日に500万ドルを賭けないと心が落ち着きません。毎日ラスベガスに行くことはできないので、3、5日賭けて500万ドルを使い切らなくてはなりません。残されたお金を使い切るのは実に困難です、このお金は負担です・・・。

このお金が実に負担になっている、これが李小ニのお話でした。だから、中国大陸の株券にはこのような過程があるのです。こうしたブラックホールは実に驚異的です!

(つづく)

関連特集

関連記事
注目記事
^