夏至、中国全土に熱波

2005年06月22日 16時31分
 【大紀元日本6月22日】夏至にあたる21日、中国のほぼ全域が熱波にみまわれ、42℃を記録したところもあった。北京市内では、余りの暑さに水辺で涼む市民の姿が見受けられた。

 北京市気象局によると、北京では39.4℃を記録、地表面温度は50℃にもなった。北京では4日間連続35℃を記録し、20日高温警報を発令した。この暑さはモンゴルからの冷たい風が吹く金曜日あたりまで続くという。

 21日夜18時の中央テレビ気象番組の高温警告によると、北京のほか、山西省、河北省、天津、山東省、河南省など、日中の最高気温が35から37度にまで上昇、特に河北省の中南部、山東省の西北部、新疆などの地区にいたっては、最高気温は40から42℃の見込みだ。
関連キーワード
^