中国政府、エイズ予防NGO活動家を不当逮捕・監禁

2005/06/18 19:36
 【大紀元日本6月18日】アメリカに本部を持つ人権擁護組織「人権観察」は6月15日、中共政府によるエイズNGO活動者たちへの妨害を直ちに停止するように要求した。

 報告によると、中国河南省の地元の官員は90年代までに、営利の目的で血液を売買していたため、数万人の人々がエイズに感染したという。しかし、今日に至っても、血液売買の官員が逮捕され、あるいは法的な制裁を受けることはなく、その反対にHIV感染者を援助するエイズNGO活動者たちが逮捕され威嚇されるなど、活動が妨害されることがしばしば見受けられるという。

 中共に何度も逮捕され、そして毎年数ヶ月間、河南省でエイズ予防の宣伝活動に参加してきたエイズNGO活動者の胡佳氏は、中国のエイズNGO活動の現状について、「各省の民間活動家たちが大きな圧力に直面しているのです。彼らはいつでも逮捕され、監禁される可能性がある上、エイズの薬品が配給されないことが、さらに彼らを苦しい境地に追いやったのです。彼らはただ請願することを通して、人権が侵害された情況の下で、国際社会からの援助を求めることしかできないのです」と述べた。

 今日、中国のHIV感染者は84万人と中共当局は報告するが、実際の数字はこれに留まらないと専門家は見ている。2010年までに、緊急の措置を施さないと、中国のHIV感染者は1000万人を越える恐れがあると、国連は北京政府に警告している。
関連記事
注目記事
^