中国の軍事と経済影響力に懸念 米議会で中国問題幹部会が成立

2005/05/30 11:20
 【大紀元日本5月30日】米下院議員、J. Randy Forbes氏は27日、中国の政治、経済、防衛が現在、世界で大きな影響力を持っていることを念頭に、中国の脅威を呼びかける議員会議・国会中国問題幹部会(コーカス:正式名称はCongressional China Caucus)を設立したことを発表した。

 Forbes氏は発表の中で、彼と彼の同僚たちは現在、中国に対して真剣に取り組むことを考えていると述べ、「今世界の目はイラク問題やテロなどに向けられているが、これからの米国経済、防衛に大きな影響を与える世界の動きに注目し、理解している人は少ない」と警告した。

 中国は現在、人口13億人で米国の人口の約4倍、中国経済の成長はこれから15年間で3倍にも伸びると言われている。その中でも特に世界が懸念しているのは、中国が推し進めている軍部の拡大である。Forbes氏が設立したコーカスは、影響力を増している中国に関する情報を交換し、フォーラムや議論の場を提供することによって議員たちの間で中国に対する意識を高めることを目的としている。

 今年の初め、Forbes氏を含む10名の米国議員視察団が中国を訪れ、中国の軍事、経済状況を視察した。Forbes氏は中国の軍事施設や港、鉄鋼所、造船所などを訪れ、また中国外交官や高官、中国にいるアメリカのビジネスマンなどにも接見した。

(東京=田中美帆)
関連記事
注目記事
^