茨木市日本語実用教室

2005年03月22日 23時33分

3月17日木曜日、雨です、ここは晴れています、今日は、茨木市実用日本語教室の第14期の終了式であり、学習者たちと支援者たちはお茶を飲みながら、ケーキを食べ、安価のバーゲンもありました。

ここは台湾、中国、タイ、アメリカ、ドイツ、などの国からこられた学習者たちが集まりました、平日には、学習者と支援者たち

は一対一で日本語を勉強しています。日本語はもちろん民族習慣なども、覚えていこうとする若いママさんも多く、先月には国際交流日本語スピーチ大会も行われました。今回の国際交流はさらに深くなって、参加者も増え込み合ってきました。みなさんのお勉強の間の一時保育も用意されるようになりました。とてもよいところは、どんなレベルでも、どんな時に入学しても、合わせて、勉強することができます。では、学習会の会長と支援者たちはどんな発想で頑張ってきたのでしょうか?次回の発表でご期待ください。
関連キーワード
^