アメリカで最も人気のある職種、IT関連3分野

2005/02/20 22:37
【大紀元2月11日】アメリカ先端科学技術産業の中で、もっとも富裕な上位1000人の事業主の中で、3分の1はインターネット関係の仕事を従事しており、その中でも、ソフトウエアエンジンニア、ゲームデザイナー、ネットワークセキュリティはもっとも人気があり、高収入の職種である。

「天下ネット」の報道によると、最新調査では、1996年から2006年の間、アメリカには新たな職業100万についてソフトウエアの技能が求められる。いま、コンピュータソフト開発者の不足は20万~40万人に達しているが、ソフトウエアエンジニアの中には、ストックオプションを持つものもいて、優秀なソフトウエアエンジニアはすでに億万長者になっているのも多い。

近年、ハッカーによるインターネット経由の侵入や攻撃方法は数千種類にも達し、ネットワーク犯罪はアメリカ国内で年30%増加している。コンピュータ犯罪を防止するため、ネットセキュリティは世界中で新興産業として注目され、コンピュータセキュリティスタッフは将来最も必要とされる人材となる可能性がある。

最後はゲームデザイナーである。アメリカではコンピュータゲームやコンピュータアニメ、特殊効果については、依然として高い需要があり、150億ドル市場として、ゲーム分野の需要は依然として旺盛である。
関連記事
注目記事
^