李登輝:九評は中共を分析し、脱党を引き起こした

2005年04月23日 20時09分
【大紀元4月22日】前総統である李登輝先生は21日、国家の切迫した危機-連・宋の大陸訪問に断固反対-の記者会見において、《九評共産党》を高く掲げ、“この本を、私は以前に入手しました。この本には、中共の問題が明確に述べられています。こうしたことが知られたことで、非常に多くの人が共産党を脱党するという事態が起きたのです。脱党せずにはいられないのです。” 李登輝によると、中国が直ちに民主化、自由化をしなければ、アジアの問題がますます大きくなるという。

この記者会見は、台湾にある100の社団によって共同で開催されたものである。
関連キーワード

関連特集

^