元北京公安局員、ニュージーランドへ避難

2005年06月14日 20時26分
 【大紀元日本6月14日】オーストラリアで亡命申請を発表した3人の元中共幹部に続き、元中国公安部門の官員・鐘桂春氏は先日、ニュージーランドで中国共産党の新たな内情を暴露した。鐘氏は、中国では法輪功弾圧は、政府が公的に禁止と発表した1999年7月20日よりも以前から、迫害が行われていたと発表。鐘氏はすでにニュージーランド政府より国連難民として認められた。

 50歳の鐘桂春氏は中国を離れるまで、長年にわたり北京市公安局豊台支局政保科の科長(二級警官)を務めていた。彼の主な任務は、民族、宗教、異分子及び気功団体等の監視であった。

 公安局に勤めてはいても、鐘桂春氏は法輪功に対して悪い印象を持たず、彼も一緒に気功を始めるようになった。しかし、1994年3月、鐘桂春氏は法輪功を支持したとして、解雇された。解雇されてからも彼は公安部から監視され続けたという。

 1999年4月25点xun_ネ降、鐘桂春氏は北京公安局から、職場復帰を条件に法輪功の調査を担当するよう持ちかけられたが、彼は断った。

 1999年7月20日、中共が法輪功禁止を公に発表し、全面的な弾圧を始めた時期、鐘桂春氏は海外にいる法輪功学習者と接触したとして共産党より除籍され、解雇された。さらに大興団河強制労働収容所の洗脳班へ連行され、強制的に政府側が製作したビデオを見せられ「教育」を受けさせられた。以降、敏感な時期になる度に、彼は「特別な身分」と見なされ、強制労働収容所へ連行され「教育」を受けさせられた。

 2003年、鐘桂春氏は困難に阻まれながらも、中国を離れてニュージーランドへ行くことに成功し、ニュージーランド政府に対して難民申請をした。

 鐘桂春氏は駐オーストラリア中国領事館官員・陳用林氏及び元天津の「610オフィス」(法輪功を取り締まる組織)官員・カク鳳軍氏の発表が大変勇気ある行動であったと賞賛し、彼自身の公安部門での経験から、二人の話には信憑性があると断言した。更に鐘桂春氏は、今も中国政府に勤めている各級の公安、国家安全局員たちに対して、未来の中国人民のために中国共産党を一日も早く脱却するよう呼び掛けた。

(ニュージーランド記者・陶意)

関連キーワード

関連特集

^