THE EPOCH TIMES
元中国の新聞記者が語る特別インタビュー

中国共産党の海外における統一戦線とは

2005年06月10日 19時18分

 新華社の駐パリ特派員だった呉葆璋氏が本年3月、ロンドンで大紀元時報の特別インタビューに応じた。同氏は新聞報道関係者として四十数年間を務めたが、1989年、中国共産党が無実な人々を殺害したことに不満を抱き、辞職した。その後、フランス国際放送局中国部門の主任を引き受け、定年まで務めた。呉氏は自身の記者生活の中で、独裁と民主の二つの制度を経験している。呉氏は、中国共産党の海外における統一戦線とは、海外の多くの独立系メディアを、中共のプロパガンダのための代弁マシーンに変えることであると述べた。この点において、中国及び海外にいる多くの人々がその本質を見落としていると指摘した。


 記者:中国共産党が海外のメディアに対して行う統一戦線とは、具体的にどういうことでしょうか?


 呉氏:海外での統一戦線は、既に様々な形式で行われています。私が最も驚いたのは、一昨年、中国宣伝部のリーダーが、海外の各大手テレビ局、放送局、新聞社を対象に、宣伝業務を行う委員会を成立したことです。この委員会は、メディア企業で働く人々に対してあらゆる手段を使い、彼らの報道方針に口を出します。中国共産党が必要とするものを報道させ、必要でないものは報道させない、もしくは少なく報道するように要求してきます。このような事に尽力する委員会が存在することは、実に注意すべき点です。いかなる独立した海外メディアも、彼らのターゲットにされてしまいます。

 記者:具体的な例をお願いします。

 呉氏:2000年、私は駐パリ中国大使館の参事官から喫茶店に呼び出されました。彼は冒頭からいきなり、法輪功問題を話したいと切り出しました。彼の要求は、フランス国際放送局において、法輪功についての報道は今後一切しないように、というものでした。私が彼に何故かと尋ねると、彼は法輪功が邪教だからと答え、資料は山ほどあると言いました。彼の大きなバッグの中には、政府が印刷したであろう小冊子、ビデオテープ、CDが入っていました。私は彼に、第一、我々は今、中国にいるのではなく、フランスにいることを忘れないようにと話し、第二に、私がいる放送局は独立した機関であり、法輪功について、他のメディアの調査もなしに、我々があなた達の言いなりになることは不可能だと答えました。私は続けて、中国政府は政治的、国際的に法輪功のことを広げているが、我々の放送局で働くアラビア人、インド人など様々な人種の人たちは、中国共産党が法輪功を迫害していることを知っており、非常に憤慨している、と言いました。彼らからして見れば、この迫害は恥ずべき行為なのです。従って、私が法輪功の迫害に関して報道しないということは、私が職責を果たしていないことになりますからと言って、彼の要求を拒みました。

 中国政府による海外での宣伝及び統一戦線において、上述した事は、ほんの一例に過ぎません。実際は、統一戦線の活動量は非常に広く活発に行われているのです。例えば、世界中の国々に対して設けている中国外務省のウェブサイトには必ず法輪功を中傷するコラムがあります。外務省関係者だった人々は、法輪功と外交に一体どういう関係があるのだろうと、首をかしげて苦笑いをしていたと聞きました。

 記者:ちょっと前に、中国共産党は天安門焼身自殺事件を再び掘り返しましたが、AP通信社の記者は中国に招かれてから、中国共産党に同調する記事を出しました。この件についてどうご覧になりますか?

 呉氏:通常、焼身自殺のような事件が発生したら、真相を探るために多方面に亘る調査が必要ですが、事件が発生した当初から一方的な説明と結論しか宣伝されていません。常識のある人であれば、誰もがこの事件の裏に何かがある、と分かるはずです。中国共産党はこのようにして、法輪功を誹謗中傷していますが、このやり方は却って逆効果だと思います。実際、私の知っている右派と左派両方を含むフランスの国会議員たちは皆、法輪功の弾圧に反対しているからです。彼ら曰く、何を信仰するにせよ、異なる見解を持っているにせよ、このような弾圧行動は許されないと指摘しています。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^